クレアン「鞄・バッグのクリーニング、メンテナンス」をご利用下さったお客様のご感想

いつも私どもクレアンをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

弊社では、ブランドバッグ、鞄、お財布などのクリーニングや修理も承っており、大変多くのお客様にご利用いただいております。

最近では、ヤフオクやメルカリでお気に入りのブランド品をお安く購入して、メンテナンスして再利用するお客様もいらっしゃり、今後もこういったご活用方法が増えていくのではないかと予想しております。

今回は、誰もが知るハイブランドバッグをクレアンでクリーニング、メンテナンスなさったお客様の声をご紹介しております。
ぜひご覧になってみてくださいね。


ヤフオクで購入したルイヴィトンのキャンバス地トートが本当に綺麗になりました!

本日受け取りました。
綺麗にクリーニングして頂いてありがとうございました。

ヤフオク!で落札して届いたバッグが汚れていたのでお願いしたのですが本当に綺麗にして下さったので嬉しいです。

私はバッグを購入すると防水スプレーをかけて汚れないように最初にします。
この綺麗にして頂いたバッグも防水スプレーをかけて大事に使いたいと思います。
本当にありがとうございました。
(N.Y様)


クレアンのコメント

N.Y様はヤフオクで購入されたルイヴィトンのトートバッグをクレアンにお預け下さいました。

キャンバス地は、太い糸で縫われた厚手の平織物生地の総称になります。
キャンバスは英語ですが、日本では「帆布(はんぷ)」とも言いますね。

しっかりとした丈夫な質感が特徴的で、使い込むと馴染んできて穏やかな風合いに変わってくるところも魅力です。

キャンバス地のバッグを使っていて、底や持ち手がいつの間にか黒ずんでいた、濃い色だったのに白っぽくかすれてきたという経験はどなたもなさったことがあるのではないでしょうか。

キャンバス生地そのものは水洗いも可能なのですが、温度が高すぎると生地が縮んでしまったり色落ちすることもありますので、やはりブランドバッグは信頼できるクリーニング店でメンテナンスをした方が安心です。

クレアンではルイヴィトンのような高級ブランドバッグでも、ここまで綺麗にクリーニングすることが可能です。


ここまで白さを取り戻すのは、決して簡単なことではありません。
漂白しすぎると今度は漂白剤による変色が起こってしまうので、熟年の職人のさじ加減と技術、それから時間が必要になります。

ちなみにこの変色は、お客様の扱い方に問題があるわけではございません。
このタイプのバッグが変色してしまうことでお困りのお客様は本当に多いんです。

原因はバッグの内側に使用されているボンドがカビてしまうことにあるようです。
ヨーロッパのカラッとした環境ではこのような変色は起こらないようですので、日本の高温多湿の環境が要因になっているのかもしれませんね。
放っておくと変色が進行するばかりですので、気になり始めたらお早めにクレアンにご相談ください。


シャネルバッグが想像以上の仕上がりです!

シャネルのバッグは、想像以上の仕上がりで、ラメの風合いもそのままに綺麗なブラックに染めていただき、とても感激です!

生地の折り畳んであるところも、裏地との境目も、チェーンの部分も綺麗に染色していただき、とても嬉しいです!
使いやすいカラーにしていただいたので、これから出番が増えそうです!!!

おまけのマスクも可愛いおしゃれな柄で嬉しいです。

また、機会がありましたらよろしくお願い致します!この度はありがとうございました!
(K.M様)


クレアンのコメント

K.M様はシャネルのライトブルーカラーのチェーンバッグを黒に染め替えることをご希望でした。
色替えが難しい場合はクリーニングをお願いしたいとのことでしたが、お品物を拝見して染め替えが可能と判断できましたので、黒への染め替えで対応させていただきました。

クレアンでは、お客様とのやりとりを何度も重ねながら、ご納得いくまでご案内をさせていただいております。作業で発生すると思われるリスクもわかりやすくご案内しております。

染め替えをご希望の場合は、お客様が希望する色が職人に確実に伝わるように、ご希望の色のお品物をお送りいただくこともございます。

ここまで丁寧なやりとりを重ねていきますので、リカラーと染め替えのご注文はとても多くいただいております。
ちなみにリカラーは同じ色で染めること、染め替え・染め直しは全く異なる色に色を変えることとお考え下さい。

こちらは染め替えによって、ブラウンから黒にお色を変えたシャネルのチェーンバッグです。

落ち着いたブラウンのお色がとても都会的でお洒落なのですが、よく見ると汚れが目立ちます。
といっても、街中ではこのくらいの状態で使い続けている人も多いような気がします。

こちらがクレアンで染め替えさせていただいたお写真です!

まるで最初から真っ黒のシャネルバッグだったような上品さがあります。
元々は違う色だったと全くわからないくらい違和感がないと思うのですかいかがでしょうか?

シャネルバッグを同系色のお色でリカラーした事例もご紹介します。
こちらは、お預かりした際の状態です。

淡い水色がかわいらしいのですが、全体的に色がくすんでいて手が触れやすい部分には黒ずみもあります。
よく見ると、チェーン部分も色が薄くかすれていることがわかります。

このバッグをリカラーした状態がこちら。

鮮やかさがよみがえっているのが一目瞭然ですね!

リカラー作業に入る前にクリーニングを行なっておりますので、汚れや臭いもスッキリ落ちています。

上記の2つのバッグは均一なお色ですが、時には柄物のバッグをお預かりさせていただくこともございます。
柄を美しくよみがえらせたいバッグの場合は、職人が絵筆を使って実際に絵を描くように修復を行います。

まるで絵画の修復のようじゃないですか?
お預かりしたお品物を1点1点手作業でメンテナンスできるのは、クレアンが高級クリーニング専門店だからです。
一生物として丁寧に使っていきたいお品物のメンテナンスは、ぜひ私どもにご相談くださいね。


エルメスバッグ サックアデペシュ27の部分リカラー

担当者様
バッグ受け取りました
大変きれいにしていただき感謝しています

さすがにプロの技は違うなと感動しております

この度は誠にありがとうございました
また何かありましたらよろしくお願いいたします
本当にありがとうございました


クレアンのコメント

こちらのお客様は、エルメスのサックアデペシュ27の部分リカラーをご利用くださいました。

日頃から丁寧にメンテナンスをしていても、持ち手や底、角の部分は黒ずみやスレが出てきてしまいます。
特にバッグの底の角はスレやすいため、バッグクリーニングで修復のご依頼をいただくナンバーワンの部分です。

クレアンでは、元のお色と完全に色を合わせることが可能ですので、「底の四隅だけ」「持ち手の部分だけ」といったような気になる部分だけにリカラーを施すことができます。
職人の技が光る作業ですよ!


ブランドバッグのクリーニング、メンテナンスは安心してお任せください

弊社のバッグ・カバンのクリーニングとメンテナンスは、世界のブランドバッグの製造方法を熟知しているバッグ製造技術者が担当しております。

非常に高い技術が必要なため、日本では修理できるお店が限られているエナメルバッグのメンテナンスもクレアンなら可能なんですよ!

リカラー、塗り替えは、1000種類もの顔料・染料を使い分けて、お預かりしたバッグと全く同じ色、お客様がご希望されるお色を再現いたします。
大切なバッグは、ぜひクレアンでメンテナンスを行なってよみがえらせてあげてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください