日本のデザイナーが世界に発信した「黒の衝撃」~ヨウジヤマモト~

逡巡した末に選んだ洋裁への道 出典:https://www.fashion-press.net/news/55558 パリコレクションで衝撃の世界デビューを果たす山本耀司。しかし、天才的なデザイナーの少年時代は、家業である洋裁を嫌っていました。進路の選択では、一度は違う道を選ぼうとするのですが、逡巡の末に洋裁の道へ。その選択が、類まれなる才能を世界に知らしめる結果となります。 「反骨...

後継者による革新が切り開いたハイブランドへの道~プラダ~

代名詞であるナイロン素材のバッグがブランド復興の端緒 出典:https://www.fashion-press.net/news/7252 プラダと言ってすぐに思い浮かべるのは、ブランドのアイコンとも言える、ナイロン製のバッグでしょう。現在ではハイブランドとして認識されているプラダですが、実は世界的に名前を知られたのは、1970年代後半にこのナイロン製のバッグを発売してからのこと。そこ...

世界が認めた日本のファッション、その先駆けとなったデザイナー~イッセイ・ミヤケ~

広島、東京、パリ、ニューヨーク。それぞれの都市での体験がイッセイ・ミヤケをつくった 三宅一世 参照:https://www.fashion-headline.com/article/5708 イッセイ・ミヤケを設立した三宅一生は、1938年に広島市で誕生しました。少年期には広島市内で過ごし、大学は東京、そして、パリ、ニューヨークでのデザイナー修行と、個性的な都市での生活を体験します。そ...

イタリアのファッションを世界に認めさせたブランド~ヴァレンティノ~

パートナーと共に成功への道を駆け上がる 参照:https://www.omotesandohills.com/shops_restaurants/shops/002666.html 「ヴァレンティノ」を創業したヴァレンティノ・クレメンテ・ルドヴィーコ・ガラヴァーニは、1932年にイタリア半島の付け根であるヴォゲーラという街で生まれました。このアートからファッションまで幅広い分野に興味を...

ずっと着つづけたい高級ブランド・ダウンジャケット6選〜メンズ編〜

“ブランドダウン”の着心地の良さはバツグン! 高級ブランドのダウンジャケットは“ブランドダウン”とも呼ばれます。 ブランドダウンと一般のダウンジャケットの違いは、やはり“着心地の良さ”でしょう。 高級ブランドの商品ですから値が張るというのは事実ですが、その分軽くて保温性に優れて、また見た目の高級感もあります。 長年着こなしたいダウンジャケットですから、購入を考えるならそういった観点...

ずっと着つづけたい高級ブランド・ダウンジャケット5選〜レディース編〜

“ブランドダウン”と一般ダウンジャケットの違いとは? “ブランドジャケット”ととも呼ばれる高級ブランドのダウンジャケット。 一般的なダウンジャケットとは一体どういった点が異なるのでしょうか。 色んな観点で比較できると思いますが、大きな違いはやはり、「見た目の高級感」、「保温性」、そして「軽さ」でしょう。 主に冬場に活躍するダウンジャケットですから、上記の三つは必須ですよね。 ...

長年着こなしたくなる高級ブランドファッション8選〜メンズ編〜

どうせならずっと着こなしたい高級ブランド服 街中を歩いたりする時に、ふと目に入ってくるのが、華やかな高級ブランドの洋服。 ついつい他の人を羨ましく思うことも多々ありますが、実際に自分が高級ブランド服を着ている時は、他者からもそのように思われているはずです。 高級ブランド服はその高級感と重厚感からか、やはり一般的な洋服より際立つもの。 だからこそ、常に美しくより長い間着こなせれば素敵...

長年着こなしたくなる高級ブランドファッション7選〜レディース編〜

使い方次第では20年以上着用できる?! 誰もが憧れる高級ブランドファッションですが、値が張るのも事実。 一度奮発して購入したものは、ぜひとも長期間着こなしたいですよね。 使い方次第では、20年以上着られるファッションも少なくありません。 "パリでの生活"で有名な中村江里子さんも、実際に25年以上着続けている高級ブランドファッションを何着も持っているそうです。 (参考記事:http...

親日家でもある世界的なデザイナー~マーク・ジェイコブス~

若きデザイナーの誕生 マーク・ジェイコブス 出典:https://www.vogue.co.jp/fashion/history/2015-02-16 マーク・ジェイコブスは1963年にアメリカのニューヨークで生まれました。幼い頃から家族より刺繍の方法や編み物などを教えてもらい、ファッションへの道を早くから意識していたといいます。ファッションデザイナーを志した少年が、実際に世界に影響を...

ブログトップへ戻る