与える印象に差がつく!ハイブランドビジネススーツ5選

人目を惹くハイブランドビジネススーツ


ビジネススーツは、様々なブランドから選ぶことができます。
中でもハイブランドのビジネススーツは、着心地の良さ、品質の良さ、洗練された印象を与えます。
高級感ある外見を演出することで、自分のモチベーションを高めることにもつながります。

そこで今回は「ハイブランドビジネススーツ5選」をそれぞれのブランドの魅力とこだわりとともにご紹介します。 
最後にハイブランドビジネススーツのお手入れ、クリーニング方法も説明しますので、ぜひお読みください!

ハイブランドビジネススーツ5選

●ディオール(DIOR)

フランスを代表するブランドのディオール。
伝統的な職人技を用いイタリアで仕立てられるスーツは、スタイルのノウハウを現代的エレガンスを添えて表現しているのがディオールのスーツの特徴です。


出典:https://www.dior.com
価格帯:30万〜
商品名:ウールキャンバス
素材:バージンウール100%
グレーのバージンウール キャンバスにプリンス オブ ウェールズ モチーフをあしらった、フィット感のあるスーツです。

●エルメネジルドゼニア(Ermenegildo Zegna )

イタリアを代表する世界的ファッションブランド。生地の品質へのこだわりと、美しいスタイルが特徴です。
プレミアムウールや高級素材で仕立て、常にメンズテーラーリングの最前線を行くのがZegnaです。


出典:https://www.zegna.com
価格帯:20万〜
商品名:プリンスオブウェールズ バーガンディACHILLFARM ウール&シルク ドロップ8スーツ
素材:ウール87% シルク13%
Zegna独自のAchill農場産の極細メリノウールから作り上げた、バーガンディの Achillfarm ウール&シルク混紡スーツは、しなやかでモダンなシルエットと、クラシックなプリンスオブウェールズ パターンの組み合わせ。フラップポケット2ヶ所、チケットポケット1ヶ所があります。

●ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)

イタリアの代表的ブランド。1980年前後からはミラノコレクションにおいてトップブランドとして君臨しています。

出典:https://www.Armani.com
価格帯:30万〜
商品名:ソーホーレンジ テクスチャースーツ ウール製
素材:100% バージンウール

洗練されたソーホーラインのスーツ。テーラーリングの伝統と選び抜かれた上質の素材を組み合わせた、モダンなスタイルが際立つ一着です。 スリムフィットのジャケットに、クラシックなラインのパンツです。

●ニューヨーカー(NEW YORKER)

ハイクオリティを背景に、ベーシックでありながらも時代の空気やトレンドのエッセンスをプラスしたスタイル提案を行なっているのがNEWYORKER。
衣料品の製造・販売までを自社グループで行ない、日本が誇る最高級品質のスーツを作り、オリジナルタータン=「ハウスタータン」をブランドシンボルにかかげています。

出典:https://www.ny-onlinestore.com
価格帯:6万〜
商品名:ストライプ マンハッタンモデルスーツ(2ボタン・ノータック)
素材:毛95% アンゴラ5%

ネイビーベースにブルーのストライプ柄を施したスタイリッシュな印象のスーツ。生地作りから縫製の工程までをすべて日本で行った国産のスーツです。

●ポールスミス(Paul Smith)

ひねりの効いたクラシックがコンセプトのイギリスを代表するブランド、ポールスミス。 ストライプ柄が有名です。

出典:https://www.paulsmith.co.jp
価格帯:9万〜
商品名:SOHOシングル2Bスーツ
素材:毛100%

イタリアの最高級生地メーカーLORO PIANA社の高級生地、”FOUR SEASONS”を使用。エレガントさに着まわしの良さを加えた”FOUR SEASONS”は、1年中快適に着用できるよう考えられた生地です。

ハイブランドビジネススーツのクリーニングはクレアンへ

ハイブランドビジネススーツが汚れてしまった時はどのようにすれば良いのか、どういったクリーニング店に出せば良いのか、不安になりますよね。
気に入ったハイブランドビジネススーツを良い状態を保って着たい、そんな時は高級素材専門のクリーニング店に出すことをおすすめします!
高級素材専門のクリーニング店クレアン

ミクロの泡で洗う水洗い マイクロバブルWウォッシュ

マイクロバブルWウォッシュはこんな方におすすめ

●ウールやカシミヤ・アンゴラなどの高級衣類を水洗いしたい。
●高級衣類は一般のクリーニングに出すのが心配。
●ドライクリーニングに出しても、衣類が重たく感じる。さっぱりしない。
●水洗いは縮んだり型くずれが心配。
※マイクロバブルWウォッシュは、上記すべて大丈夫です。
さらに、
●仕上がりをよくしてほしい。
●ブランド品を安心してまかせたい。
●汗汚れが気になる。
●ドライクリーニングの匂いが気になる。

マイクロバブルWウォッシュの工程


専用のメッシュ地のネットに入れて、マイクロバブルワッシャーに入れます。なるべく衣服に負担をかけないように保護します。


マクロバブルウオッシュは、水洗いなのに繊維を取り囲むのは、水そのものではなく泡の微粒子です。繊維は水に直接触れることが少なくなることで、水に撚る繊維に他するダメージを限りなく小さくすることができるので、洋服の縮みや型崩れ、風合いを変えることなく洗い上げます。


ドライクリーニングを繰り返していると、ドライクリーニングで除去できない汗の成分が、蓄積されてくるので、さっぱりしない、袖の通りが良くない、何故か重く感じるということがよくありますが、そんな衣類もマイクロバブルWウォッシュで洗うと、スーツが軽くなる、袖を通した感触がスムーズ、さっぱりを体感できます。

専属デザイナーによる修理・リフォームもできるクレアン

クレアンでは高い技術で大切なお洋服をクリーニングすることはもちろん、大切なお洋服を永く着るために、町のお直し屋さんではできない修理や、専属デザイナーによる基本的な修理はもちろんのこと、豊富な縫製技術で、 あらゆる素材・製品に対応いたします。
ハイブランドスーツのクリーニングはぜひクレアンにお任せください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください