情熱的な人生でつくりあげた革新的なアイテム~シャネル~

ココ・シャネルの人生が「シャネル」をつくった


世界的なブランドでは、創立したデザイナーの名前がブランド名になっていることが多いです。エルメス、アルマーニ、イブサンローランなどなど錚々たるデザイナーが揃っていて、それぞれにファッション界に大きな変革をもたらし、多くのエピソードを残しています。しかし、そのなかでもシャネルを設立したココ・シャネルほど、その人生までも注目され、社会に影響を与えて議論されたデザイナーはいないのではないでしょうか。今回はフランスのハイブランド「シャネル」についてご紹介します。

タイム誌の「20世紀で最も重要な100人」に選出

アメリカの有名雑誌「タイム」では、1999年、20世紀が終了するにあたり「20世紀で最も重要な100人」を選出しました。アインシュタインやライト兄弟、ルーズベルト元アメリカ大統領など、各ジャンルから非常に著名な人物が選出されています。
そのなかに、ファッション界から唯一選ばれたのがココ・シャネルです。もちろん、さまざまな意見はありますが、彼女が社会に与えた影響はそれだけ大きかったと言えるでしょう。

女性をファッションで開放したデザイナー


ココ・シャネル 出典:https://www.fashion-headline.com/article/3469

ココ・シャネルが歴史上最も評価されていることは、現代女性のスタイルの基礎を築いたことにあると言われています。1909年にパリで帽子店を開いたのを皮切りに、1916年にはオートクチュールのコレクションを発表します。その作品は、シンプルで着心地を重視したデザイン、ジャージ素材を使用したドレスなど、まだ19世紀の様式が影響していた社会で大きな話題となりました。
その後も当時はあまり使用されなかった黒色を使用して、機能性とファッション性を追求した「リトルブラックドレス」などを発表。20世紀からはじまった女性の社会進出の機運と合致したシャネルのデザインは、多くの女性を魅了します。
また、彼女自身の人生や社交界で繰り広げられる華麗な交友関係にも注目が集まり、彼女の人生とブランドコンセプトが人々のなかでシンクロしてゆくのです。

多くのエピソードが残る、その人物像

ココ・シャネルは、ファッション業界で成功した女性として、多くの著名人と交流を持つようになります。パブロ・ピカソやジャン・コクトー、サルバトール・ダリなどのアーティストには大きな影響を受けたようです。また、多くの男性との関係もあったといわれていて、特にイギリスの上流階級と繋がりが深かったことが知られていて、王族も含めた貴族社会にも繋がりが深く、貴族との交際もあったようです。
当時のファッション界に多大なる影響を与え、多くの著名人や貴族との交流があったココ・シャネル。ただ、彼女への評価は必ずしも「良い人」ではありませんでした。天才的で気の良い面がある一方で、痛烈な皮肉家、破壊的な言動など、多面性を持つ女性だったと言われています。また、多くの人々と交流があった故に、思想的な面でも揺れ動いていたようで、第二次世界大戦時にはナチスドイツの諜報活動をしていたという記録もあります。
激情的でさまざまな面を持った女性であったココ・シャネルですが、その人格も含めて、友人たちは彼女を魅力的なだと評価していました。

シャネルのブランドコンセプト


シャネルが誕生した19世紀のブランドと言えば、伝統的な様式を貫くものが良しとされていました。そこに大きな転換を迫ったのがシャネルというブランドです。封建社会で抑え込まれてきた女性たちのため「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドポリシーにして、現在もデザインされています。

レディース中心のブランド

シャネルにはメンズ商品がまったく無いわけではありませんが、極端に少ないと言えるでしょう。それは女性を意識しているからです。コルセットに代表される窮屈な服装から女性を開放するため、ココ・シャネルはジャージ素材やパンツスタイルを提案したのです。ですから、現在も女性を中心としたアイテムを多く展開しているのです。
しかし、20世紀初頭のように男性・女性という明確な分類をしているわけではありません。ジェンダーレスな現代では男女どちらでも使用できるフレグランスやコスメなども展開しています。もともと、シャネルの代表的なアイテムであるシャネルスーツやジャージ素材は、メンズスタイルからヒントを得たものだと言われています。ですから、あくまでも「女性中心」ということではなくジェンダーレスに展開するブランドだと理解するのが良いでしょう。

現在のシャネルとデザイナー

1971年のカリスマ的なデザイナーであるココ・シャネルの死後は、ブランドとしてのシャネルも低迷してしまいます。1978年にはプレタポルテ市場にも進出しますが、大きな躍進はありませんでした。
現在のシャネルへとつながる変革を推進したのが、1982年にデザイナーへと就任したカール・ラガーフェルドです。ココ・シャネルが創り出したコンセプトを引き継ぎつつ、現代のモードを取り入れたデザインは、まさにブランドコンセプトである「古い価値観にとらわれない女性像」を具現化したものとして大きく注目されたのです。
カール・ラガーフェルドは2019年に死去しますが、彼のアシスタントがデザイナーを引き継ぎ、順調な業績で運営されています。

個性的なシャネルのアイテムを紹介


シャネルの商品展開は多岐にわたります。いままでご紹介してきたように、シャネルは洋服で革新的なデザインを成し遂げましたが、その革新的なデザインコンセプトはそのほかのアイテムにも活かされています。

チェーンショルダーを採用した多彩な素材のバッグ

シャネルのバッグで有名なもののなかに、チェーンショルダーが付いたものがあります。これは、ココ・シャネルがバッグを持つ女性の手が塞がってしまうのを解消するために考案したと言われています。このチェーンショルダーは現在でも人気商品で、バッグ素材にはシャネルで人気の素材が使用されています。その一部をご紹介していきましょう。

ラムスキン

羊の革ですが、生後1年以内の羊を使用するのがポイントです。シャネルのバッグには多く使用されている素材となります。手触りが非常に良く、柔らかいのが特徴ですが、キズや色落ちに注意が必要です。

キャビアスキン

シャネルの中でもベーシックな素材と言えるでしょう。牛革に点状の型押しが施されているものです。キズに強く、耐久性に優れているのが特徴です。

ナイロンジャガード

トラディショナルな革を使用したバッグとは一線を画す、カジュアルに楽しめるシャネルのバッグ「トラベルライン」などに使用される素材です。ナイロン素材ですから軽くて気軽に扱えて、カラーバリエーションも楽しめます。

そのほかの代表的なアイテムの紹介

バッグ以外のアイテムとしては、有名な香水「シャネル N°5」があります。それまでの香水は植物由来の香りを調合していましたが、シャネルは「革新的な香り」を追求して化学物質である「アルデヒド」を使用しその目標を達成しました。まさに「革新的な香り」は、彼女の戦略的なマーケティングもあって現在でも愛される定番アイテムとなっています。

ココ・シャネルを知るとシャネルのアイテムの良さがさらにわかる

ココ・シャネルは映画になったり、多くの書籍が発売されるほど興味深い人物です。彼女のどのような考え方が反映されて、さまざまなアイテムがつくられていったのかを知ることにより、さらにシャネルというブランドが理解できると思います。そして、そのバッグや洋服は、高価ではありますが、身につける人に満足感を与えてくれます。また、良いものはお手入れ次第で長く使用できるというメリットもあります。

シャネルのアイテムを大切に使い続けるために


では、シャネルのアイテムを長く使い続けるためにはどのようなお手入れをすればよいのでしょうか。例えば洋服の場合、「あまりクリーニングに出してしまうと生地が傷んで長持ちしない」という意見があります。また、バッグなどの革製品の場合、専門業者に出しても「あまりきれいにならなかった」などの意見もあります。これらについて検証をしてみましょう。

ブランド品の衣類はあまり洗わないほうが良いのか?

これはよく聞かれる疑問です。答えは「洗い方による」となります。例えば、ご家庭の洗濯機で洗うとなれば洗い方のコースを選んでも、水流や脱水などで痛みが発生する可能性があります。また、肝心の汚れが落ちていないことも考えられるのです。
一方で、クレアンではブランド品のクリーニングになれている上に、さまざまなノウハウがあります。汚れを効率的に取りながらも衣類にダメージを与えない「マイクロバブルウォッシュ」など、衣類の素材に合わせたクリーニング方法を選択していますので、安心してブランド品の洋服もお任せください。

革製バッグなどがきれいにならない

革製品のバッグなどは、汚れなども付着しますが、経年劣化によって色落ちやキズ、使用感などが出てきます。クレアンでは、劣化してしまった製品でも、高度な専門知識を持った技術者がいますので、要望によりさまざまな修理をおこなっています。重要な色合いの修復も、1000種類の染料・顔料から調合して、補正をおこなっています。
シャネルなどのハイブランドは、もともと長期間使用できる高品質の商品ですから、ぜひ、プロによる適切なメンテナンスを利用して、長く大切に使い続けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください