【40代メンズにおすすめ】しっかりキマる!大人のデニムの着こなし方

エイジレスで着られるボトムスの代表ともいえるデニム。

きれいめからカジュアルまで、使いこなせればどんなコーデにも合わせやすく、1年中着ることができる便利なアイテムです。

ただ、こんなことで悩んでる方もいるのではないでしょうか。

「どんなデニムを選べばいいのかわからない」
「いつもワンパターンなコーデになってしまう」
「合わせやすい1枚を選びたい」

この記事では、40代メンズに似合うデニムのシルエットや着こなし方のポイントなどを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

デニムの種類や選び方!おすすめブランドアイテム

デニムと一言でいっても、いろいろな種類の形があります。

形と特徴を知ることで自分の体型やなやみにフィットするシルエットを見つけ、理想に近づけることができます。

コーディネートの幅が広がりますので、ある程度知識をつけておきましょう。
40代メンズのコーデしやすいシルエットを紹介します。

ストレート

出典:https://www.levi.jp/men/pants/jeans/original%20parrish/005013059.html#start=9

裾が広がったりしぼったりされておらず、まっすぐなシルエットになるオーソドックスな形のデニム。
どんな体型の方にも似合いますし、流行に左右されず、長く使えるので人気です。

【ストレートデニムのおすすめブランドアイテム】
・『リーバイス』501
・『リーバイス』505
・『Lee』アメリカンライダース 101Z ストレート

テーパード

出典:http://blog-jkstyle.jugem.jp/?eid=2504

太ももまで幅がゆったりしていて、裾に向かって細くなっているデニム。
スキニーまでぴったりしたくないけれど、太ももの太さが気になる方におすすめ。

【テーパードデニムのおすすめブランドアイテム】
・『リーバイス』502
・『Lee』アメリカンライダース 203 テーパード
・『ラングラー』11MWZ

ワイド

出典:https://zozo.jp/shop/bedwinandtheheartbreakers/goods/56961320/?did=94717242

太ももから裾まで幅が広く、ゆったりしたシルエットのデニム。
下半身にボリュームが欲しい体型の方におすすめ。

【ワイドデニムのおすすめブランドアイテム】
・『リーバイス』ステイプレスト ワイド レッグ クロップ デニム
・『ベドウィン』アンド ザ ハートブレイカーズ
・『サニースポーツ』ルーズワイドレッグ 5ポケット

スリム

出典:https://www.joenet.co.jp/SHOP/lee-lm5101-500.html

ストレートに近いですが、ストレートとスキニーの間のような細身のシルエットに寄せた形のデニム。
スキニーよりはヒップが目立ちにくいので、細くみせたいけれどヒップのボリュームが気になる方や、足首が太くてスキニーを敬遠している方におすすめ。

【スリムデニムおすすめブランドアイテム】
・『リーバイス』514
・『リーバイス』519
・『Lee』101 PROJECT タイトストレート

スキニー

出典:https://www.diesel.co.jp/products/detail.php?product_id=2305575&brand=diesel&subcat=men&classcategory_id1=2317923&category_id=10003

足のシルエットを出すように、太ももから足首までぴったり体型にフィットする形のデニム。
スリムより女性らしくみえるため、ユニセックスな雰囲気を出したい方におすすめ。

【スキニーデニムおすすめブランドアイテム】
・『リーバイス』511
・『Lee』CORE RIDERS スキニージーンズ
・『DIESEL』SLEENKER スキニージーンズ

何を選べばいい?どんなコーデでも使える一枚

いろいろ種類があって結局何を買えばいいのかわからない。
そんな方におすすめなのが、ストレートタイプのデニムです。

ストレートタイプのデニムでも紹介したおすすめが、ド定番ですが『リーバイス』の501や505、『Lee』アメリカンライダース 101Z ストレート、この辺をおさえておけば間違いないでしょう。

シャツやパーカーにも合わせてもハマりやすいですし、新しいトップスやアウターを選ぶときに相性に困るといったこともありません。

ストレートデニムは1着もっておけば、コーデの幅が広がります。

色選びはどうする?

デニムは長く使えるからこそ、色選びに悩んでしまいますよね。
40代メンズのデニムはあまりに薄い色は避けるべきです。

薄い色のデニムは、落ち着いたトーンのトップスとは合わせにくく、大人の男性のイメージとはかけ離れてしまいます。

出来るだけ濃いめの色をチョイスすると、トップスも合わせやすくスマートに選ぶことができます。

どうしてもライトな色のデニムを使いたいときは、グレーやホワイトなどの色を選びましょう。

NGなデニムは?避けたほうがいい種類

ケミカルウォッシュやクラッシュデニムなどの特徴のある加工がされたもの、あまりにぴったりしたスキニーは避けましょう。

これらのデニムは、40代メンズの落ち着いた雰囲気から程遠いデザインで無理をしているように見えますし、女性からの評判もあまりよくありません。

ケミカルウォッシュは下半身があまりに目立ちすぎて浮いてしまいますし、クラッシュデニムは足の毛なども見えてしまいます。

望ましいコーデをするなら、特徴のある加工が施されたものは避けるのがベターです。

デニムの着こなし方のポイント

デニムを着こなすためには、いくつかのチェックポイントがあります。

・サイズがあっているか
サイズがあっていないものを適当に選んではいてしまうと、大きすぎるものは「だらしない」、小さいものならば「やぼったい」印象になってしまいます。

・全体のトーンを合わせているか
40代という年齢は色をたくさん足すより、全体のトーンを合わせることで落ち着いた雰囲気をかもしだすことが出来ます。

・足元とのバランスがあっているか
ジーンズというカジュアルなアイテムですので、レザースニーカーやブーツなどを選びましょう。

これらのポイントをおさえることで、40代メンズの清潔感のある雰囲気を演出することができます。

全体のシルエットを知ることも大切

全体のシルエットの種類を知ることでスマートにコーデを楽しむことができます。
40代メンズに似合う基本的なシルエットは3つ。

・Iライン
・Yライン
・Aライン

この3つの特徴とそれにあったデニムを紹介します。

Iライン

出典:http://www.neqwsnet-japan.info/?p=38170

アルファベットの『I』のように全体を細身でまとめたシルエットです。
トップスもそうですが、デニムも細いラインを選ぶことがポイント。

・ストレート
・スリム
・スキニー

これらのアイテムは下半身にボリュームを出すこともなく、スマートな印象を与えることができます。

一番スタンダードなシルエットですので、コーデしやすくおすすめです。

Yライン

出典:https://www.clubd.co.jp/post-15212.html?a8=I2Ghz2Y8u7jk77OVVnrwU7WVDmlpr7seensVY_w0UVL8u7GNUQE8t7E6tQleEe5sCVqQjBGFC2Ghos00000014443001

Yラインは上半身にボリュームのあるトップスをもってきて、下半身は細身にまとめるシルエットです。
下半身を細くみせてくれるアイテムを選ぶことがポイントです。

・ストレート
・テーパード
・スリム
・スキニー

これらのアイテムは全体的に下半身をほっそりした印象をもたせるので、ボリュームのあるトップスを合わせても野暮ったくならず、スタイリッシュにみせてくれます。

難しく思えますがアウターをゆったりしたものにすればコーデしやすく、上半身の体型カバーの効果もあるのでおすすめです。

Aライン

出典:https://jamtrading.jp/blog/mens/2021/08/03/26992/

Aラインは、上半身にスッキリした細身のアイテムを選び、下半身にボリュームを出すシルエットです。
ゆったりとしたデニムを選ぶことがポイント。

Aラインに合わせるなら、ワイドデニムがぴったり。

下半身の体型をカバーしたい方にもおすすめ。
ラフに着ることができて、男らしい印象を与えることができるシルエットです。

ワンパターンを抜け出すワイドデニムはどう合わせる?

ワイドデニムは男らしい印象を与えることができるアイテムですが、合わせるトップスを少し選んでしまい、いつも同じコーデになりがちになるのが困りものです。

そんなときは、シャツや細身のカーディガンなどと合わせるのは定番ですが、大き目なシルエットのセーターなどで思いっきりカジュアルに遊んでみるのも手です。

ラフすぎる印象になってしまうのが心配という方は、中に見えるトップスはぴったりとした物を選び、アウターだけ大き目のものをチョイスしましょう。

ワンパターンをぬけだして、いつもと違ったコーデを楽しめると思います。

デニムを着こなして、うまくコーディネートを決めましょう!

この記事では40代メンズのデニムコーデについて

・デニムの選び方や種類、おすすめアイテム
・デニムを着こなすポイント
・シルエット別デニムの選び方

を紹介しました。

デニムは体型や気になる点に合わせてシルエットを選ぶことが大切です。

あまりに薄い色や特徴のある加工をされたデニムは、落ち着いた男性のイメージから遠ざかってしまうので避けましょう。

全体のシルエットをきめることで、スマートなコーディネートを楽しめます。

40代メンズにピッタリなデニムを選んで、清潔感のある大人の男性を演出してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください