2021-22秋冬 ハイブランドパーカー7選〜メンズ編〜

普段着使いの定番と言えばパーカー

秋冬の普段着の定番と言えばパーカーですよね。
近年ではハイブランドからも多種多様のライナップが揃えられています。

ノーブランドとハイブランドの違いと言えば見た目の高級感ですが、それ以外にもノーブランドパーカーはどうしても“もっさり感”がしてしまいがちに。
その点ハイブランドパーカーはシンプルなデザインであったとしてもさらりとした高級感を演出できるし、斬新な見た目のもはそれだけ人目を圧倒することができます。
そういった事からもハイブランドパーカーを手にすることはオシャレの幅が広がることにも繋がります。

そこで今回は、「2021-22秋冬 ハイブランドパーカー7選〜メンズ編〜」を紹介します!
気になる商品やブランドがあればぜひ参考にしてみて下さい。

また、後半部分ではハイブランドの洋服のクリーニングについて説明します。
ぜひ最後まで読んでみて下さい。

2021-22秋冬 ハイブランドパーカー 7選〜メンズ編〜

●バレンシアガ(BALENCIAGA)


出典:https://www.balenciaga.com/ja-jp
価格帯:10万〜20万円
商品名:BB PIXEL ミディアムフィット HOODIE
素材:コットン
最近街でよく見かけるハイブランドパーカーと言えば、やはりこのバレンシアガ。
若年層から大人にまで幅広い人気を誇ります。
ストリートファッション好きの人にもブランド好きの人も愛用できるブランドです。

●サンローラン(SAINT LAURENT)


出典:https://www.ysl.com/ja-jp
価格帯:8万〜10万円
商品名:「SAINT LAURENT UNIVERSITÉ」 シグネチャー フード付きスウェットシャツ
素材:コットン
オーガニックコットンを使用したフレンチ製の、クラシックなフード付きスウェットシャツ。
胸部分にプリントされたサンローランロゴが特徴です。

●バーバリー(BURBERRY)


出典:https://jp.burberry.com/
価格帯:10万〜15万円
商品名:チェック フード コットンブレンド フーディー
素材:コットン
裏起毛コットンで製作したクラシカルなフーディー。
アクセントの効いたチェックフードとレザートリムを施したドローコードで仕上げられています。

●ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)


出典:https://us.dolcegabbana.com/ja/
価格帯:10万〜20万円
商品名:スウェットパーカ ジャージー レオパードプリント フルジップ
素材:コットン
レオパードプリントジャージーの長袖で、スポーティで現代的なルックのパーカー。
ゴム引き仕上げの立体感のあるドルチェ&ガッバーナロゴをあしらわれています。

●グッチ(GUCCI)


出典:https://www.gucci.com/jp/ja/
価格帯:10万〜30万円
商品名:ウェブ ストライプ付き フーデッド コットン スウェットシャツ
素材:ウール、カシミア
グッチの、ウールとカシミアを使用したフード付きスウェットシャツ。
ストライプが袖に施され、バランスの取れたデザインになっています。

●ジルサンダー(JIL SANDER)


出典:https://www.jilsander.com/ja-jp/home
価格帯:6万〜10万円
商品名:スウェットシャツ
素材:コットン
ジルサンダーのロゴ刺繍をあしらった、オーガニックコットン製のフード付きロングスリーブスウェットシャツ。
シンプルで洗練されたデザインが高級感を漂わせます。

●モンクレール(Moncler)


出典:https://www.balenciaga.com/ja-jp
価格帯:5万〜15万円
商品名:ロゴ入りフーディー
素材:コットン、ポリエステル
明と暗の対照的な緊張感が取り入れられたフーディー。
リサイクルコットンを使用した、フード付スウェットシャツはビッグなロゴグラフィックがデザインされています。

ハイブランドパーカーのクリーニングはクレアンへ

パーカーの多くはコットン製ですが、中にはウールやカシミヤなどの高級素材が使用されているものもあります。
特にハイブランドパーカーには高級素材が使われているものも少なくありません。

生地がウールやカシミヤの場合は、自宅での洗濯は基本的にやめておいた方が良いでしょう。
理由としては、少しの汚れやシミくらい大丈夫だと思って、ネットなどの情報から自力で洗濯しようとすると、かえって生地を傷ませてしまうようなことになりかねません。
気になる汚れがシミを発見した時は、すぐに高級素材専門のクリーニング店に出しましょう!

高級素材専門のクリーニング店クレアン

クレアンは、高級素材専門のクリーニング店。
クリーニングが難しいとされている洋服も専用のクリーニング技術で洗い上げます。

例えばこちらはマッキントッシュの洋服。洗濯表示はすべて☓(バツ)。
一般的には洗えない、クリーニングできない商品です。

こちらの洋服は、コットン生地に天然ゴムがコーティングされているので、表地が固くなりやすく、折り目が白っぽくなってきます。
これを機械洗いしたり乾燥機に入れたりすると更に白化したり、繊維が折れたりするので、“手洗い”以外にクリーニングする方法はありません。

本来洗うことのできない、こういった汚れの多い高級素材の洋服をキレイにする。
風合い、形をくずすことなく洗い上げるには、汚れを溶かす洗浄力のある石けんを十分に染み込ませ、手洗いします。
これは生地に出来る限り刺激をあたえないで、汚れを取る方法です。
泡立てた柔らかいブラシで、ブラッシングして汚れを除去します。

シルク素材にももちろん対応

ハイブランドパーカーの中には生地がシルクのものもあります。
そんな繊細な素材もクレアンならもちろん専用の技術でクリーニング可能。

通常シルク素材はどこのクリーニング店でもドライクリーニングです。
移染や縮み、シルクの風合いが損なわれるのがその理由です。

水で洗うと繊維が水を含んで膨潤し、それに機械洗いなどで物理的な力が加わることで繊維が折れたりするからです。
しかし物理的な力をかけないで洗えばなんの問題も起こりません。クレアンでは、洗濯槽に広げたまま手洗いします。

ドライクリーニングの最大の問題は、ドライは石油溶剤ですから、汗などの水溶性の汚れはほとんど取れません。
こちらの洋服はわきの汗がひどく汗ジミとなって変色していましたので、手洗いで汚れを除去した後、特殊漂白で補正しました。

仕上げは手アイロンをかけ、シルエットやシルクの光沢もそのまま出来上がります。

他のネット記事でも紹介されたクレアン

主にファッションについて取り上げている、「Precious.jp」というブログの中に、高級クリーニング店が取り上げられています。
その中の「ハイブランドもおまかせ!高級クリーニング店のおすすめ7選」にクレアンが選ばれました!

『ファッションのコンシェルジュとして、ファッションケアを行う高級クリーニング店「クレアン」。
ハイブランド衣類のクリーニングだけでなく、バッグやレザージャケットの修理まで、ファッションケアに関することに広く対応してくれるうえ、500種類の洗い方でクリーニングを行ってくれます。ふとんクリーニングも受付けています』

と、紹介されています!嬉しい限りですね。

また、そんなクレアンでは時間のない方や遠方の方でもご利用できるように、玄関先まで集荷・集配を行っております。
ご連絡一本で、どこにも出かけずにお持ちの高級ブランド服がクリーニングに出せ、そして手元に戻ってくる。

このように便利なクレアンのシステムをぜひご利用ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください