洋服の素材の種類と素材別の取り扱い方法について

洋服には複数の素材があり、素材によって取り扱い方法が異なります。洋服を長くきれいに着るためには、洋服の素材の種類とそれぞれの取り扱い方法を押さえることが重要です。 そこで、洋服の素材の種類とそれぞれの取り扱い方法について解説していきます。 洋服の素材とその取扱い方法 洋服にはどのような素材があるのか、またそれぞれどのように取り扱えば良いのか解説していきます。 綿   綿は...

訪問着で外出を考えている方へ 高級着物のご紹介!

高級着物で暮らしを豪華にする 多くの場合、着物を着る機会は成人式、結婚式、入学卒業式のような特別な日に着る、祝い着ではないでしょうか。 特別な日はもちろんですが、観劇する際やお茶会など日常で着る訪問着も、「着物1枚帯3本」という言葉があるように何通りもの着こなしを楽しむことができます。どんな時に着用するか、また季節によっても着物の楽しみ方は変わってきます。 そこで、今回は京都の高級着物、『...

保管もしていただけるので助かります


英語圏の国に数年間住むことになりました。
今まではほぼ毎日着物を着る生活でしたが、よその国で着物だけ着ていると目立って仕方がないと思い、この機会にクリーニングにだしてしまっておこうと思いましたが、クレアンさんは保管もしてくれるとの事。
無駄に荷物を作らなくていいのは助かります。
帰国したら、チョットだけ持っていく着物とむこうで買った洋服のクリーニングをお願いしようと思います。
(東京都 S.H様)

着物にこぼしたお茶の汚れが完全に落ちていました

母のくれた着物にお茶をこぼしてしまいました。 かなりの値段の着物らしく血の気がひいてしまいました。 着物をクリーニングするという話はきいたことがありませんでしたが、クレアンさんは高級クリーニングと銘打って着物も依頼できると知ってお願いしました。 特別なクリーニングだけあって、完全に汚れが落ちました。ホッとしました。 (神奈川県 S.S様) ...

衣替え前の、冬物衣類のウール、カシミヤなどの理想的な洗い方、お手入れ

天然素材であるウールやカシミヤなどは、擦れによって毛玉ができたり、水に弱いなど、扱いはデリケートで家庭でのお洗濯は難しいとされています。 また、クリーニングに出すとほとんどがドライクリーニング対応になります。 ドライクリーニングは、家庭での水洗いのお洗濯とは違い、水を使わずに油性の洗剤で洗います。 そうすると、油溶性の汚れはよく落ちますが、汗汚れなどの水溶性の汚れはほとんど残ってしま...

着物の汗汚れもキレイに。水洗いクリーニング『マイクロバブルウォッシュ』

着付けやお手入れに少し手間がかかっても、一生に一度の晴れの日は、華やかな着物の出番です。 秋から春にかけて、結婚式、七五三、初詣、成人式、卒業式、入学式といったイベントでお着物を着られる機会が多かったと思います。 お気に入りのお着物を、次のシーズンまで美しく大切に保管するために、今がクリーニングに最適なタイミングです。 汚れとお手入れ 一度しか着てないから…と、...

モンクレールなどのブランドダウンやブランドコートの水洗いクリーニング

いよいよ今年も暖かくなり、厚い上着を一枚ぬいで身も心も軽やかな季節になりましたね。 さて、その素敵な上着、使わないシーズン前にどうされますか? クリーニングに出すと、ほとんどがドライクリーニング対応になるのではないでしょうか。 ですが、上着は思っている以上に汗をかいています。 汗汚れはドライクリーニングではしっかりキレイにするのが難しいのです。 その汗汚れをそのままにして、次...

本当の汗抜きクリーニングとは?水洗いしないと汗は落とせない。

Q.町のクリーニング屋さんで「汗抜き」というのぼりをよく見かけます。 また汗抜きソープが業務用洗剤メーカーで販売されているようですが、 いわゆる「ダブル洗い」(ダブルウオッシュ)とは違うのでしょうか。 A.汗抜きソープが、どのようなソープかはよく分かりませんが、特殊なソープを多く使ったとしても、ドライクリーニングだけでは「あせ抜き」は理論的にもできないものなのです。 ドライクリ...

「浴衣」その名の通り入浴着です。 思わぬところの汚れ、家庭で洗うには。

もうすぐ浴衣のシーズンも終わります。みなさん、どのようなお手入れをされていますか?   聞き手: 若い女性が街で着物姿の女性を見かけること成人式ぐらいでしか見かけなくなりましたが、ゆかたは夏になると花火や夏祭りがあるせいか、昔よりゆかた姿の若い女性が多くなったような気がします。ゆかたは漢字ではどうして「浴衣」と書くのでしょうね。 お手入れドクター: 「浴衣」...

ブログトップへ戻る