「浴衣」その名の通り入浴着です。 奈良時代のお風呂は蒸し風呂だったので 熱い蒸気から身を守るために、麻布の入浴着を着用しました。お風呂用の肌着だったのですね。

 

聞き手
若い女性が街で着物姿の女性を見かけること成人式ぐらいでしか見かけなくなりましたが、ゆかたは夏になると花火や夏祭りがあるせいか、昔よりゆかた姿の若い女性が多くなったような気がします。ゆかたは漢字ではどうして「浴衣」と書くのでしょうね。

yukata

お手入れドクター
「浴衣」その名の通り入浴着です。
奈良時代のお風呂は蒸し風呂だったそうです。
熱い蒸気から身を守るために、麻布の入浴着を着用しました。お風呂用の肌着だったのですね。

その作りは着物と違って肌着ですから裏布のないシンプルな単衣(ひとえ)です。
これを1枚仕立て片枚(かたひら)、着物用語で言えば帷子(かたびら)と呼ばれています。
湯上がりに着ることから、湯帷子(ゆかたびら)、その語尾が省略されて「ゆかた」となりました。
江戸時代になってから、銭湯が普及するにつれて木綿に柄を染めて入浴後に着用、街を歩くようになりました。
それがおしゃれな江戸っ子たちの間で夏の普段着となっていったのです。

ゆかたはもともとお風呂上がりに着るものですから、
下着の肌襦袢は中に着ないで、足袋もはきません。
素足で下駄履きでよいとされているのです。
聞き手
ゆかたは涼しげですが、夏の暑い季節に着るものだから汗はどうしてもかきます。
お手入れはどのようにすればよいのでしょうか?
お手入れドクター
ゆかたは衿、袖口、裾などはよく汚れます。
また普段から着ている洋服とちがって、着こなし方もなれないので、思わぬところを汚してしまったりします。
飲食時の飲み物や食べ物をこぼしてしまうことが多くなります。

浴衣には下着がありませんので、一度着用したらクリーニングや洗濯をするようにしましょう。
そのままにしておくと必ず黄ばんできます。汗を多く含んでいるので汗が酸化してくるのです。
飲食時の飲み物や食べ物のシミも間違いなく酸化して色が変わってきます。
サイダーなどの透明な飲み物もシミが目だたないと思っていても酸化して黄ばんできます。
聞き手
家庭でも洗えますか?
お手入れドクター
もちろん誰でも洗えます。汚れのついたところや衿もとの皮脂を撮るために洗剤をつけて
ブラッシングしてから洗濯機に入れ、ゆるめに脱水してから物干し竿の袖を通して干ます。
シワがよりにくく後でアイロンをかけるのが楽になります。

ただ柄の色が紺、赤、黒など色の濃い生地は水で洗うと色が出ることがあります。
色が出るかどうかを事前にチェックする方法があります。
白いタオルに少し液体洗剤をつけて、色のついた柄をトントンと叩きます。
白いタオルの方に色がついたら必ず色が出てとなりの薄い色に色が移ってしまいます
。これを私たちは「色泣き」と呼びます。色が涙を流したようになるという意味でしょうか。
昔の人は上手いことをいったものです。
聞き手
なるほど。しかし色が出るかもしれない浴衣はどうしたらよいのですか?
お手入れドクター
それは家庭では洗えません。
一般のクリーニング店でも結果は同じように色が出てしまいますから同じです。
一般のクリーニング店は色がでる危なそうなものはドライクリーニングですませてしまいます
。しかしドライクリーニングでは汗は取れませんので、
クリーニングしたからといって黄ばんでくるのは目に見えています。

浴衣や着物専門のクリーニング店に依頼するしか方法はありません。
家庭で洗って色が出てしまった浴衣や取れない染みも、十分修正できるクリーニング店があります。

One thought on “「浴衣」その名の通り入浴着です。 奈良時代のお風呂は蒸し風呂だったので 熱い蒸気から身を守るために、麻布の入浴着を着用しました。お風呂用の肌着だったのですね。

Comments are closed.