高級スーツと既製品スーツの違いって?生地や寿命など徹底比較!

「高級スーツを着てみたいけど、衣料品店で売っているスーツと何が違うんだろう?」

実は高級スーツは、衣料品店で販売されている既製品のものとは大きな違いがあります。

そろそろスーツの購入を考えている方が多くなる時期ですので、今回は高級・既製品スーツそれぞれの違いについて比較しました。

この記事を読んで、高級スーツが自分に合っているかどうか判断してみてがいかがでしょうか?

ビジネスマンなら憧れる高級スーツとは

高級スーツといえば、ビジネスマンなら誰しもが憧れるものです。

ハイブランドでいえば、以下のようなブランドが挙げられます。

・Loro Piana(ロロピアーナ)/イタリア
・DORMEUIL(ドーメル)/イギリス
・Ermenegildo Zegna(エルメネジルド・ゼニア)/イタリア
・EMPORIO ARMANI(エンポリオアルマーニ )/イタリア
・KITON(キートン)/イタリア

既製品のスーツとは一線を画す上品なデザインをしているため、ビジネスをする上で一種のステータスといえるでしょう。

高級スーツはオーダーメイドで仕立てられることが多い

高級スーツはハイブランドが販売しているのみではなく、オーダーメイドで仕立てるものも含みます。

オーダーメイドになると、あなた自身のサイズ・好みに合ったこだわりの生地で作られるので、既製品とは明確な違いが分かるはずです。

こだわるだけ費用はかかるものの、既製品スーツにはない着心地の良さを体感できるでしょう。

既製品スーツは価格の安さが魅力

一方、工程が簡易的で量産が可能なため、価格が安い点が魅力なのが既製品スーツです。

衣料品店で販売されている大半が既製品スーツであり、ポリエステルやウールなどの繊維が使われています。

一般的なサイズで仕立てられるため、人によってはしっくりこない、ピチッとしてしまうなど不満を感じてしまうことも少なくないでしょう。

高級スーツと既製品スーツは何が違う?特徴を徹底比較

では、高級スーツと既製品のスーツは、どのような違いがあるのかを比較していきます。

今回は以下の6つの項目を取り上げました。

・価格
・生地
・着心地
・裁縫・仕立ての品質
・デザイン
・寿命・丈夫さ

では早速見ていきましょう。

1. 価格

価格の違いについては以下の表を参考にしてください。

スーツの種類

価格

高級スーツ

5万〜100万

既製品スーツ

2〜5万円

高級スーツはこだわっている部分が多く、それだけ手間やコストもかかります。

だからこそ価格は既製品よりも高いです。

さらに、パターンオーダー・イージーオーダー・フルオーダーのどれかを選ぶことによっても変動します。

2. 生地

スーツの生地はウールを用いることが多く、「Super’s表示」によって品質を見極めることができます。

毛番手(けばんて)とも呼ばれ、原毛がどれだけ細いのかを表しており、表示されている数字が高ければ高いほど高級生地と判断可能です。

例えば、Super80’sと表記されている場合は、1gの原毛から80mの繊維を製糸できるという意味になります。

数値が高くなると艶のある上品な風合いになる一方で、繊細にもなるので扱いには注意です。

既製品スーツではSuper100’sが平均的ですが、高級スーツになるとSuper130’s以上が多くなります。

上質な原毛は油分を多量に含み、自然な光沢と滑らかな質感を表現するため、高級スーツは一目で分かるのです。

3. 着心地

着心地という観点で比べても、高級スーツに軍配が上がります。

特にオーダーメイドの高級スーツの場合、使用する方のサイズに合わせて仕立てられます。

そのため、身体によくフィットし、シルエットもスタイリッシュに。

一方、既製品スーツは一般的な日本人のサイズに合わせて作られます。

そうすると、微妙な身体の違いでズレが生じてしまい、人によっては着心地が悪く感じてしまうことも。

高級スーツを着用すると、着心地のよさにもこだわりを感じるはずです。

4. 裁縫・仕立ての品質

裁縫・仕立ての品質にも違いがあります。

基本的にスーツを裁縫・仕立てる際は手作業・マシンメイドのどちらかです。

既製品は大量生産のためにミシンなどのマシンで作れるような設計になっています。

しかし、高級スーツはマシンを使うこともありますが、ほとんどが手作業です。

手作業で仕立てることで、より緻密で繊細な裁縫が可能になり、デザインや耐久性に差が生まれます。

5. デザイン

最新の流行デザインを取り入れるなら、既製品スーツの方が適しています。

しかし、高級スーツは流行に流されないスタンダードなスタイルが多く、どんなビジネスシーンにもぴったりです。

また、フルオーダーで仕立てる場合、自分好みのデザインにできます。

素材・型紙など、細かい部分のデザインまでこだわったオリジナルスーツを着用する特別感は、既製品では味わうことはできないでしょう。

6. 寿命・丈夫さ

寿命で見ると高級・既製品どちらも3〜4年が平均的です。

細かく見ると、耐久性の高いポリエステル素材を使用している分、同じ条件下であれば既製品のスーツの方が寿命は長くなるでしょう。

しかし、高級スーツには芯地・増し芯・肩パッドなどを組み込む際、一般的に販売されているようなものは使わず、その企業独自の製品を採用することがほとんどです。

そのため、型崩れやテカリが出にくい点を考慮すると、見た目を保持する丈夫さは高級スーツの方が優れています。

高級スーツのメリット・デメリット

高級スーツには良い面もあれば悪い面もあります。

では、どのような点がメリット・デメリットになるかみていきましょう。

高級スーツのメリット

高級スーツのメリットは以下の通りです。

・清潔感や上品さが増す
・着心地がよく型崩れしにくい
・世界で1つだけのスーツを着用できる

生地や裁縫にこだわりがある分、スーツとしての着心地や見た目にメリットがあります。

オーダーメイドなら世界に1つだけのオリジナルスーツが仕立てられるのも魅力ですね。

高級スーツのデメリット

高級スーツのデメリットは以下の通りです。

・価格が高い
・洗い方に気をつける必要がある

高級だからこそ価格が高くなるのは避けられないデメリットです。

また、スーツに使用する原毛が細くなればなるほど繊細になるため、洗い方には気をつけなくてはいけません。

もし、洗い方がわからない、面倒という方はクリーニングに依頼を検討しましょう。

高級スーツは高級クリーニング店に依頼するのがおすすめ

高級スーツは洗い方に気をつけなくてはいけないので、クリーニング店に依頼するのがおすすめです。

クリーニング店ではプロの知識と技術を用いて、適切な処置方法で仕上げてくれます。

ただし、中には既製品スーツと同じよう仕立て方をする店舗もあり、寿命が短くなる場合があるので注意が必要です。

クリーニング店に迷ったらクレアンにご依頼ください

当店クレアンでは高級スーツの素材を見極めて、500種類の洗浄方法から適切なものを選び、クリーニングいたします。

また、ミクロな泡を使って繊維の奥の汚れを落とすマイクロバブルWウォッシュを採用しているのも当店の特徴です。

大切にしたいスーツがあればぜひ一度ご依頼ください。

自分に合ったスーツを選ぶために

今回は高級スーツと既製品スーツの違いについて解説しました。

価格の違いだけでなく生地や寿命、裁縫・仕立ての方法まで異なることがわかってもらえたはずです。

ぜひ高級スーツを着用して、ワンランク上のビジネスマンを目指してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください