高級クリーニング店が教える、カシミヤ、ウールの家庭でできる水洗い、普段のお手入れ。

幅広い人気の天然素材、カシミヤ、ウール なめらかな肌触りのカシミヤ 今年の冬は寒かったですね。 東京で48年ぶりに最低気温が氷点下4度まで下がった日もありました。 ダウンやコートが大活躍でしたが、インナーとしてウールやカシミヤなどの天然素材は、暖かさの機能性や見た目も華やぐことからどなたも必ずクローゼットにお持ちなのではないでしょうか。 カシミヤ繊維は、寒暖の差が激しい高地や山岳...

ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)のモノグラムの魅力と長持ちさせる保管方法

1854年創立のラグジュアリーブランド「ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)」 ルイヴィトンは1854年に創立したフランスのファッションブランド。ルイヴィトンの歴史と特徴、人気定番商品であるモノグラムの魅力と保管方法などを解説します。 ルイヴィトンは旅行鞄専門店からスタートしてプレタポルテに参入 ブランド創立者であるルイヴィトンは、1821年にフランスのジュラ山脈地方にあるアン...

シャネル革命~働く女性ファッション史

CHANELシャネルとファッション史

クリーニングっていつから始まったの? 皆さん、クリーニングの起源ってご存知ですか? はっきり何世紀かと言う記述は見つけられませんでしたが、フランス人の染色業者ジャン・ジョリが、こぼしたランプの油(カンフェン)がテーブルクロスの模様を消すことを偶然発見したことが始まりとされるようです。 日本では、江戸時代、横浜港開港時から外国人を相手に洗濯業を営む日本人が数人存在していました。...

CHANEL シャネル マトラッセ バッグのお手入れ

シャネルのマトラッセのお手入れ方法

シャネルの定番「MATELASSE」マトラッセのクリーニング さまざまな素材で楽しむマトラッセ シャネルのバッグをお持ちの方も多いのではないでしょうか? シャネルのバッグの象徴といえば、チェーンとキルティングのショルダーバッグ「マトラッセ」ですよね。 マトラッセのバッグ、今でも大人気です。 ラムスキンの定番からツイードまで現在では幅広い素材やデザインで、人々の人気を集めています。 ...

デザイン性の高い【MONCLER】モンクレールダウンはプロにおまかせ!ドライクリーニングは危険?!

monclerモンクレールのダウンジャケットクリーニング

冬のアウターの定番「モンクレールのダウンジャケット」 『今年もバリエーション豊かなモンクレール』 モンクレールと言えば、数年前に大流行し、今ではアウターの定番として定着しています。 高い防寒機能を持つタウンユースとしてだけでなく、ラグジュアリーでカジュアルなデザイン、女性も着こなしに取り入れやすいような、バリエーション豊富なデザインが増えています。 私は体が小さめなので、インポート...

「プラダを着た悪魔」の教え ~装いで成功するために

プラダを着た悪魔の教え

メラビアンの法則を最大限に活用する一番簡単な方法 「プラダを着た悪魔」のモデルになったとも言われる、米、Vougue誌の編集長「アナ・ウィンター」はこんな事を言ったそうです。 「あなたが勝負の時に勝ち目がないなら、装いに気合を入れなさい」 それだけ、人間は“装い”が大事です。 人と会う時も、私は、着ている服や足元、バッグなどに目がいってしまいます。 「きっと、きちんと靴が...

大掃除を怠けることなく目標達成する脳の使い方

簡単に目標達成する方法 今年もあとわずかとなりました。 あなたは年内に何をやろうと思っていますか? 2018年度の目標を立てることでしょうか。 録りためたDVD鑑賞でしょうか。 それとも家の大掃除でしょうか。 今年の汚れは今年のうちに落としたいと思うのが、人の常です。 思い返せば、私は毎年「家の隅から隅までキレイにしたい」と思っていますが、隅々まではどうしてもキレイにでき...

ソファーのお手入れしてますか?ドライクリーニングと水洗いクリーニングの違い。

『毎日を過ごす大切な家具のお手入れ』 ソファのお手入れについて、考えたことはありますか? 我が家には、穴掘り犬がおりますので、(ミニュチュアダックス)毛だらけ、穴だらけになっています。ソファーのクリーニングすべきなのか、自宅でできるのか常に頭を悩ませております。 ソファーカバーのクリーニングで大切なことはどんなことなのでしょうか? ここは、「クリーニングのコンシェルジュ」クレア...

レザーグローブ、革の手袋のおしゃれ『革のクリーニング&メンテナンス』

老舗ブランドの手袋をいつものワードローブに加えてみませんか? この時期になると、新美南吉の絵本「手袋を買いに」と言う童話を思い出します。 寒さが厳しくなってくると、コートなどのアウターや、セーターなどのインナーもそうですが、私は手袋も気が抜けないものだなと思います。 アウターからちらりと覗く手袋の色や素材で着ている方のファッションの楽しみ方を感じずにはいられません。 手袋は、手を温...

キャンバス地トートバッグ ヴィトンのエクリュの楽しみ。シミ、黄ばみの改善。

ルイヴィトンのアンティグア カバ黄ばみ改善

黄ばみを改善!キャンバストートバッグクリーニング キャンバス地のトートバッグって、レザーと違ってカジュアルな場面にも持ち歩けるし、ガンガン使っても気にならない!というところが使いやすいですよね。 でも、キャンバス地は「綺麗に保つ」という意味ではとても厄介で、長く使っていると「黄ばみ」や「シミ」が取り返しのつかなくなることがあり、自宅でのシミ抜きもなかなか難しいものがあります。 私...

ブログトップへ戻る