染色は難しい?クロコダイルのバッグの染め直し ビフォー&アフター

クロコダイルバッグの色替えは難しい?

今回は、クロコダイルのバッグの色替えのご依頼でした。
ワニ革など爬虫類の特殊皮革の素材は高価なものが多く、一般的に染め直しが難しいといわれ、しっかりと対応出来るお店も僅かしかありません。

クレアンでは、まずはクリーニングですが、鱗の凹凸に合わせて丁寧に汚れを落としていきます。
どうしても落としきれないシミや傷も、クリーニング後にリカラーや色替えを加えることで美しく仕上がります。

今回は、黒に近い紺色への染め直しをご希望ということで、頂いたお色の見本を参考に染め直しさせていただきました。
ワニ皮は色がなかなか入りにくい素材といわれ、風合いを損ねないように様子を見ながら、少しずつ色を重ねていきます。

ファスナーの布地部分も染め替え

ビフォー
アフター
ビフォー
アフター

写真では分かりにくいかもしれませんが、ファスナー部分も本体に合わせて色替えしています。
ファスナー部分は『革』ではなく『布地』の為、通常色替えするのは難しい素材ですが、クレアンではこういった細かい部分の布地の染色も、技術を持った職人が丁寧に手作業で施しています。

ご希望の色に合わせて、それぞれの素材に必要な染料を、都度職人が調合して使用しています。
手間や技術、また経験も必要な作業です。

大胆な色替えで気分も一新!

ビフォー
アフター

雰囲気がガラッと変わり、ややカジュアル感もあったバッグが、一気に重厚感が増しエレガントに仕上がりました。
場所を選ばないお色で、フォーマルな装いにもぴったりです。

クレアンのバッグ・鞄クリーニングと修理は、バッグ製造技術者がメンテナンス・修理を行っています。
バッグの製造工程、世界中のブランドバッグの素材を熟知している職人が、高度で専門的な染色作業を丁寧に手作業で施します。

なお、通常バッグの色替えを行う際は、淡いお色から濃いお色へのお色替えをお勧めしております。
濃いお色からそれよりも淡いお色への染め直しは、お品物によっては不可能ではありませんが、色を何度も重ねる必要がある為、仕上がりの風合いもかなり変わってしまいます。

また、ご希望のお色の見本も伺い、なるべくご希望の色合いに近づけるよう、職人が独自に染料を調合して再現しています。

料金のご案内

今回のケースは、クリーニング+色替えで34,000円〔往復送料無料〕(参考価格 2018年12月現在)となりました。

クローゼットにしまいっ放しの、少しくたびれてしまったバッグも、色替えすることで気分も一新、新しいバッグに様変わり。
色替えは、皮革素材のメンテナンスとなり、補強効果もあります。
クロコダイルなどの、染め直しが難しいとされる素材のものも、ぜひクレアンにお気軽にご相談ください。