ビジネスカジュアルでポロシャツを上手く着こなすコツ

ビジネスカジュアルの定番シャツであるポロシャツですが、初めてビジネスカジュアルの会社に勤める方は「ビジネスで本当にポロシャツを着ても大丈夫なの?」と心配になりますよね。

ポロシャツはカジュアルの定番シャツなのだから心配になって当然です。

この記事ではビジネスシーンでポロシャツを着こなすコツについて解説します。

  • ビジネスシーンで大丈夫なポロシャツの特徴
  • おすすめのビジネス専用のポロシャツについて
  • ポロシャツを着こなすコツやコーデ

以上のことを知りたい方は最後まで読んでくださいね。

そもそもポロシャツをビジネスで着て大丈夫?


出典:楽天市場
https://item.rakuten.co.jp/shirtkobo/rm021203dm47b3a-19/

そもそもポロシャツって私服のイメージが強いのにビジネスシーンで着ても大丈夫なの?と思うかもしれませんが、大丈夫です。

もちろん、ポロシャツなら何でもいいという訳ではありませんが、ビジネスカジュアルがOKの会社であれば、むしろポロシャツはよく使われるシャツの1つです。

ビジネスカジュアルはビジネスで着る物なので、礼節やマナーは必須となります。

次の項からはビジネスシーンで着ても大丈夫なポロシャツの特徴について解説します。

ビジネスシーンで着ても大丈夫なポロシャツの特徴


出典:WEAR

https://wear.jp/edifice36/17077956/

ビジネスシーンで着ても大丈夫なポロシャツの特徴は以下の通りです。

  • 前開きのシャツ
  • シンプルな無地のデザイン
  • 白、黒、紺の無難な色

具体的にはどのようなシャツなのか解説します。

前開き

通常のポロシャツはプルオーバータイプ(上から3ボタンくらいまでのシャツ)が主流ですが、ビジネスで使うポロシャツであれば前開きのポロシャツがおすすめです。

前開きであれば一見するとワイシャツに見えるからです。

出典:ZOZOTOWN
https://zozo.jp/shop/mensmelrose/goods/42860267/?did=71310710&utm_source=yahoo&utm_medium=search_module&utm_campaign=goods_4_%91O%8AJ%82%AB%20%83%7C%83%8D%83V%83%83%83c

プルオーバータイプでも問題はありませんが、前開きの方が「仕事」の雰囲気が強くなるので、カッチリ感を出したい方は前開きを選ぶようにしましょう。

シンプルな無地のデザイン

ポロシャツのデザインは無地一択です。

出典:Yahoo!ショッピング
https://store.shopping.yahoo.co.jp/unitedgold/polo1.html
ポロシャツの中にはオシャレの為にボーダーやストライプのような柄物や大きく絵がデザインされた物がありますが、遊びの雰囲気が出てしまうからです。

スーツが基本のビジネスシーンにおいて、柄が入ったシャツを着ると1人だけ浮いてしまうので、デザインは無地、あっても胸のブランドロゴ程度にしておきましょう。

色は黒・白、紺などの無難な色がおすすめ

ポロシャツは黒、白、紺といった無難な色にしましょう。

出典:ZOZOTOWN
https://zozo.jp/shop/rooptokyo/goods-sale/55966478/?did=93064739&rid=1203

黒、白、紺はスーツやワイシャツと同じ色なので、形がポロシャツであってもそれほど目立ちません。

反対に赤や黄色、ピンクといった派手な色は遊んでいるイメージを相手に与えやすく、ビジネスシーンに適していないので、避けるようにしましょう。

どうしても黒、白、紺以外の色にしたいという場合はグレー、ブラウン、ベージュあたりがおすすめです。

快適にポロシャツを着たいなら鹿の子生地がおすすめ

少しでも快適にポロシャツを着たいという場合は鹿の子生地がおすすめです。

鹿の子生地とはまだらのような編み方をした生地のことでポロシャツではよく用いられる生地の1つです。

出典:UNIQLO
https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E422987-000/00?colorDisplayCode=00&sizeDisplayCode=004

まだらになっているおかげで肌の接地面が少なく、通気性も高いので、涼しく着ることができます。

また、型崩れしにくいのでシワになりにくく、お手入れが楽です。

ビジネス専用で使うならビズポロがおすすめ


出典:WEAR

https://wear.jp/edifice07/10246922/

ビジネス専用のポロシャツを購入するのであればビズポロがおすすめです。

しかし、ビズポロって何?普通のポロシャツと何が違うの?という方の為にビズポロについて解説します。

ビズポロって普通のポロシャツと何が違う?

ビズポロと普通のポロシャツの最大の違いは台襟があるかないかです。

台襟とは襟と身頃を繋ぐ帯状のパーツで襟の土台です。

台襟があるポロシャツは襟が立つので、カッチリとした雰囲気が高くなり、ノータイでもビジネスの雰囲気を演出しやすくなります。

出典:https://fuku-labo.com/polo-shirt-guy-rover

ビズポロを購入する際は台襟がある物を選ぶようにしましょう。

襟の形はノータイでも良い形がおすすめ

クールビズで用いられることが多いビズポロはノータイでもビジネス感が出る物が多いです。

その中でもおすすめはホリゾンタルカラーかボタンダウンのポロシャツです。

出典:https://www.jetchop.co.jp/polo/197_bdp/

この2つの襟のポロシャツはノータイで大丈夫だけでなく、ネクタイを締めてもカッチリした雰囲気を演出できるので使い勝手が良いですよ。

ビジネスシーンでのポロシャツの着こなし方


出典:WEAR

https://wear.jp/tokyoshirt/19799432/

いくらビズポロを購入したとしてもちゃんと着ていなければだらしなく見えてしまいます。

ここではカッチリ感の出るポロシャツの着こなし方について解説します。

ジャストサイズで着る

ポロシャツは自分のサイズに合わせてジャストサイズで着るようにしましょう。

ゆったり着れるからという理由でワンサイズ上のポロシャツを着る方がいますが、サイズが違うとだらしなく見える原因となります。

ジャストサイズの調べ方は肩の縫い目部分と丈の長さです。

肩の縫い目部分が肩の頂点に合っている、シャツの裾がお尻半分のラインに来ている物であればジャストサイズです。

胸ボタンを開けるのは1つ

胸のボタンを開けるのは1つまでにしましょう。

夏の暑い日は少しでも風を取り込みたいから胸のボタンを必要以上に開けるという方は少なくありません。

しかし、胸のボタンを2つ以上開けると突然だらしなく見えてしまいます。

あくまでも仕事中だということを忘れずにボタンはできるだけ全部留める、開けるにしても1つまでにしておきましょう。

インナーを着用する

ポロシャツを着る場合はインナーを着用するのがおすすめです。

ポロシャツの素材で主に使われるのは綿です。

綿は吸水、吸湿に優れ、肌触りが良い優れた素材ではありますが、汗を吸いこんでしまうと透けてしまいます。

特に白のポロシャツは透けが目立ってしまうので、肌が見えてしまいがちです。

肌が見えてしまうと同僚や取引先の方にも不快感を与えてしまう可能性があります。

それを避ける為にもポロシャツの下には吸水、吸湿に優れたインナーを着用することをおすすめします。

ポロシャツでビジネスカジュアルを上手く着こなすコツとお手入れ

ポロシャツはカジュアルに着る私服というイメージをする方は多いのではないでしょうか。

実はポロシャツは選び方や着方に注意すれば十分にフォーマルにすることができます。

具体的にどのようなことに気を付けなければならないかについて解説します。

着こなしの方法や気をつけなければいけないこと

ビジネスでポロシャツを着る際の注意点は以下の3つです。

  • 相手に不快な思いをさせない
  • 清潔感を保つ
  • 動きやすく、仕事がしやすい状態であること

ビジネスカジュアルで良いと会社から言われたとしてもそれはオシャレをしても良いということではありません。あくまでもビジネスで着用する物だと念頭に置いて着るようにしましょう。

サイズや色選びは多くの方が気付きやすい注意点ですが、長く着ていると裾がヨレヨレになってだらしなくなりがちなので、しっかりとアイロンをかけて清潔な状態を保つように心がけましょう。

お手入れの方法

ポロシャツのお手入れは普通に洗濯機を利用すればOKです。しかし、洗濯前にはきちんと洗濯表示をチェックしましょう。

上記のようなマークが洗濯表示になり、桶の中に数字が書かれています。数字は水温を意味していて、その水温以下であればOKという意味です。


反対に上記のようなマークがある場合は洗濯禁止です。このマークがある場合はクリーニングに出しましょう。

また、上記のマークがある場合は手洗いかクリーニングとなります。

ポロシャツをクリーニングに出すべきか?

家庭で洗濯をすることはできますが、ビジネス用で着るポロシャツはできるだけクリーニングに出すことをおすすめします。

ビジネス用の服装というのは自分ではなく、相手へのマナーも含まれるので清潔感の無い服装はNGです。

特にポロシャツは夏場に着る物なので、洗濯では落としづらい汗ジミや形崩れ、生地のヨレを防ぐためにもクリーニングは有効です。

クリーニングの代金は平均で1回500円前後かかりますが、お金に余裕がある方はできる限りクリーニングに出して清潔な状態を保つようにしましょう。

ビジネスシーンでのポロシャツコーデ


出展:WEAR

https://wear.jp/amonnon/19292971/

白のポロシャツに黒のスラックスという王道のコーデです。

多くのビジネスシーンでは白のワイシャツに黒系のスラックスというのが基本ですからその形に合わせたコーデとなります。

ビジネスカジュアルで迷ったらこのコーデを参考にするといいでしょう。


出展:WEAR

https://wear.jp/howellmhl/19613043/

黒は高級感を与える色です。従って黒をベースにコーデを決めることでカジュアルなアイテムであるポロシャツをドレスアップすることができます。

しかし、黒で固めるとやや重たい印象になりやすいので、靴を白にして印象を軽くしてあげるといいでしょう。

ビジネスシーンでもポロシャツを上手く着こなそう

ビジネスカジュアルOKの会社で夏を乗り切るにはポロシャツは必須のシャツです。

しかし、着るにしてもルールはありますからこの記事を参考に自分に合った1着を見つけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください