「浴衣」その名の通り入浴着です。 奈良時代のお風呂は蒸し風呂だったので 熱い蒸気から身を守るために、麻布の入浴着を着用しました。お風呂用の肌着だったのですね。

yukata

  聞き手 若い女性が街で着物姿の女性を見かけること成人式ぐらいでしか見かけなくなりましたが、ゆかたは夏になると花火や夏祭りがあるせいか、昔よりゆかた姿の若い女性が多くなったような気がします。ゆかたは漢字ではどうして「浴衣」と書くのでしょうね。 お手入れドクター 「浴衣」その名の通り入浴着です。 奈良時代のお風呂は蒸し風呂だったそうです。 熱い蒸気から身を守る...

写真のバッグは持ち主の愛用のバッグとのことで、長く使っていたこともあり、 表面全体に使用感のある擦れキズや退色、色褪せが目立っていました。

t1-130_sazaby_popup1

  ブランドバッグ、サザビーの2WAYレザートートです。 イタリアはトスカーナ地方公認のベジタブルタンニンなめしで仕上げたレザーを贅沢に使ったかっこいいバッグです。 写真のバッグは持ち主の愛用のバッグとのことで、長く使っていたこともあり、 表面全体に使用感のある擦れキズや退色、色褪せが目立っていました。 バッグクリーニングの処理方法は、まず汚れを取ります...

silk_dress2

つい最近あるクリーニング店が、洗い方の失敗で弁償することになってしまったということを聞きました。 プロであるクリーニング屋が、20万円もするシルクのジャケットを、 ワッシャー(洗濯機)に入れてしまう無知さ、感性の無さは嘆かわしいことです。 まずクリーニング以前に衣類がどういう経過で、出来てきているか、 どうやって製品らしくなっているかを知らなければならないと思います。 その知...

エルメスのガーデンパーティは革製品ではなく布キャンパスであるせいか、 劣化が起こってきます。皮革製品とは違ってエルメスにとって布は得意ではないのだろうか 。

garden1

時代を問わず安定したデザインが特徴の、エルメスでも高い人気を誇るガーデンパーティ。 バッグクリーニングでお預りするエルメスバックの中でも最も多く扱うシリーズと言えます。 もともと馬具作りから始まったというエルメスは、 皮革職人によるしっかりとした作りが定評で最高級品としてのブランドの地位を築いてきました。 しかしこのガーデンパーティは革製品ではなく布キャンパスであるせいか、...

viviene_popup1

  今回、バッグクリーニングに配送されたバッグは、 個性的なデザインと縫製がしっかりしているところが魅力のヴィヴィアンウエストウッドの長財布です。 使い込んだ長財布のキャン部分がどうしても手垢で汚れ、模様の色の薄い部分が目だってきます。 このような柄物のキャンバス地は、汚れが定着すればするほど汚れ除去は難しくなります。 他店では、改善できないと断られるケースがほとんどで...

marc_by_marc_jacobs_popup1

  ルイ・ヴィトンのアートディレクターである マーク・ジェイコブスは「モノグラム」ラインで 日本人アーティスト村上隆や水玉模様で知られる草間彌生とコラボレートしたバッグを発表した親日家で知られる。 そのマーク・ジェイコブスの「落書き」からデザインのヒントを得たバッグ「グラフィティ」は、 すっかりヴィトンの「定番」となりました。 バッグクリーニング&メンテナンスに出された...

たくさんあるスーツのポケットには意外と忘れ物が多いので検品者は大変です。 困ったものではティッシュ。見つけておかないと水洗いすると紙がばらけてしまい、洗濯機の中が紙くずだらけになります。

suits2

メンズスーツには多くのポケットがついており、スリーピース(三つ揃い)にいたっては、20近くのポケットがあります。 ファッション中心の中世の紳士服にはポケットなどはありませんでした。スーツのポケットが多いのは物を身につけて持ち歩くのに便利であるということから軍服に取り入れられたことからの影響だと言われています。 ポケットには雨ふたといわれるフラップが取り付けられています。文字通り...

クリーニングに出す時期はいつか。「洗濯期限」というものがあるとしたら、「これが白い服だったらかなり汚れているだろう」と感じられる時期が衣服の「洗濯期限」です。

airon

寒い間に着続けた冬服を汚れたまましまっておくと、温かくなって虫食いの被害にあったり、梅雨の時にはカビが生えたりしてしまいます。 虫やカビは汚れを食べて繁殖します。また汚れは時間が経てば経つほど取れにくくなるのでクリーニングしたあとでもくすんだ状態で戻ってきたりすることがあります。 白い服なら、汚れがあるとすぐ分かりますが、色物の服だと汚れ具合が分からない。だからまだ大丈夫と思ってい...

ブログトップへ戻る