DIOR ディオールバッグ レディディオールの染め替え レーザーカットの凹凸が難易度高

今回は、Dior ディオールバッグのバッグ、レディディオールの染め替えのビフォー&アフターをご紹介します。

元々のお色は白で、取っ手をはじめ、全体的に汚れている状態でした。
クリーニングのみでの改善は難しいため、お客様のご希望の水色へ色替えをすることになりました。

LADY DIOR(レディ ディオール)の名前の由来

Diorのアイコン的バッグ、レディディオール。

ダイアナ元妃が愛用していたことから注目を集め、「レディダイアナ」愛用のバッグということで「レディ ディオール」の名になったといわれています。現在でも世界中のセレブが愛用し、高い人気を誇っているバッグです。

シンプルでエレガントな形は、場所を選ばない使いやすいデザインですね。

レーザーカットされた立体柄のデザイン

レディディオールといえば、キルティングのものが有名ですが、こちらはレーザーカットによる立体的な柄が、まるでレースの様に全体に施されている限定デザインのバッグです。

全体的に細かな凹凸がありますが、染め方によっては、のっぺりとした平面的な仕上がりになってしまいます。
元の風合いを変えずに、ムラなく、いかに自然に染められるかが難しいところです。

まずはリカラーの前に全体を丁寧にクレンジングします。クリーニングの中で最も手間のかかる作業ですが、クレアンでは美しい仕上がりのために必ず職人が1点ずつ施します。

立体柄の凹凸のキワの染め残しがないように

全体的に、レーザーカットされた細かい立体の柄が入っているため、立体部分の凹凸のキワを一つ一つ染める必要があります。

ハケや筆で塗るのではなく、吹き付けるエアーブラシでの加工で、デリケートなリカラーを行います。

立体柄の一つ一つのキワを極力染め残さない様に、細心の注意を払い慎重に染めていく、とても細やかで手間のかかる作業です。

ビフォー
アフター

染め残しやムラもなく、レーザーカットの風合いもそのままにキレイに仕上がりました。

✳︎バッグ・鞄クリーニング、修理について詳しくはこちら
✳︎料金表はこちら

独自の染色技術


同じリカラーや染め替え作業でも、職人の技術により仕上がりは変わってきます。

クレアンの革製品クリーニングと修理は、革製品製造技術者がメンテナンス・修復を行っています。
革製品の製造工程、世界中の革製品の素材を熟知している職人が、高度で専門的な染色作業を丁寧に手作業で施します。

ご依頼ごとに、お客様のご希望に沿ったお色を、職人が染料を細かく調合して作ります。

また、使用している溶剤は、用途に合わせて柔軟に細かく調合ができる、かつ副作用的な刺激のない、特別なものを選んで使用しています。優れた品質の溶剤を使うことで、全体的な工程、ダメージを減らせます。

仕上げ作業の完了後は、最低でも2日間は自然乾燥で乾かします。

色替えで気分も変わる


レースの様な繊細な柄も美しく、夏らしい涼しげな色に仕上がりました。
お客様にもご満足いただけたようです。
この夏から、また楽しく使っていただけるのではないでしょうか。

参考価格:DIOR(ディオール)レザーバッグ クリーニング+色替え 34,000円〔往復送料無料〕(2019年6月現在)

✳︎バッグ・鞄クリーニング、修理について詳しくはこちら
✳︎料金表はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください