情熱的な人生でつくりあげた革新的なアイテム~シャネル~

ココ・シャネルの人生が「シャネル」をつくった 世界的なブランドでは、創立したデザイナーの名前がブランド名になっていることが多いです。エルメス、アルマーニ、イブサンローランなどなど錚々たるデザイナーが揃っていて、それぞれにファッション界に大きな変革をもたらし、多くのエピソードを残しています。しかし、そのなかでもシャネルを設立したココ・シャネルほど、その人生までも注目され、社会に影響を与えて議論...

本物だけが持つクオリティーが人々を魅了する~エルメス~

アルチザンがつくり出すトラディショナルで独創的なアイテムの数々 誕生の地、フランスに根ざした生産体制 エルメスは1837年に誕生したフランスの企業です。その伝統的なコンセプトを保ちつつ、時代に合わせた独創的なデザインを取り入れ続ける姿勢は、世界でも最高級ブランドの一つでしょう。 エルメスがつくる製品は多岐にわたり、革製品からジュエリー、時計、ウェア、バッグやスカーフなどの...

『UGGやemuのムートンブーツのお手入れ』
寒い冬もおしゃれにあたたかく!

UGGやemuなどのムートンブーツ [caption id="attachment_6678" align="aligncenter" width="640"] https://www.emuaustralia.com[/caption] 冬が本格的になってきました。 パンプスだった足元も、ふわふわの足元で暖かくおしゃれを楽しみたいですよね。 ショートブーツがあれど、冬のムートンブ...

日本が世界に誇る水沢ダウン。メンテナンスはどうする?

クレアンでは、ブランドダウンのクリーニングの依頼も多く、定期的にクリーニングをされる方がほとんどです。 モンクレールやカナダグースなど数ある人気ブランドの中で、最近お問い合わせも増えてきたのが「水沢ダウン」です。 そこで今回は水沢ダウンについて取り上げました。 日本が世界に誇る「水沢ダウン」のこだわり 日本が誇るブランドダウン「水沢ダウン」のこだわりをみていきましょう。 この水沢ダウンは...

Barbour (バブアー)のオイルドジャケットを洗うとは?

人気のジャケット『バブアー』。もう臭いを気にしなくても大丈夫です。 常に高い人気を誇っているBarbour (バブアー)のオイルドジャケット男性に特に人気のBarbour (バブアー)。 でもそんなバブアー ビデイル、オイルドジャケット特有の臭いに「着ていく場所を制限される」との声もチラホラ。ならば、お気に入りの一着をもっと自由に着る為に臭いを取ってしまいましょう! オイルドジャ...

高級ブランドのネクタイは何が違う?
プロが教える、簡単シミ抜き、シワ消し法。

ビジネスマンの方であれば、老いも若きも関係なく、ネクタイ選びに迷った経験はあるはず。 安いネクタイでも高いネクタイでも柄選びは非常に重要です。 特にビジネスマンの方はスーツとネクタイの色で、仕事が成約するかどうかまでかかわってくるのではないかと思わずにはいられません。身なりがしっかりしていると、「デキる人」に見えるということはあるのでしょうね。やはり、着こなしは重要ですよね。 今回は...

シャネル革命~働く女性ファッション史

CHANELシャネルとファッション史

クリーニングっていつから始まったの? 皆さん、クリーニングの起源ってご存知ですか? はっきり何世紀かと言う記述は見つけられませんでしたが、フランス人の染色業者ジャン・ジョリが、こぼしたランプの油(カンフェン)がテーブルクロスの模様を消すことを偶然発見したことが始まりとされるようです。 日本では、江戸時代、横浜港開港時から外国人を相手に洗濯業を営む日本人が数人存在していました。...

CHANEL シャネル マトラッセ バッグのお手入れ

シャネルのマトラッセのお手入れ方法

シャネルの定番「MATELASSE」マトラッセのクリーニング さまざまな素材で楽しむマトラッセ シャネルのバッグをお持ちの方も多いのではないでしょうか? シャネルのバッグの象徴といえば、チェーンとキルティングのショルダーバッグ「マトラッセ」ですよね。 マトラッセのバッグ、今でも大人気です。 ラムスキンの定番からツイードまで現在では幅広い素材やデザインで、人々の人気を集めています。 ...

デザイン性の高い【MONCLER】モンクレールダウンはプロにおまかせ!ドライクリーニングは危険?!

monclerモンクレールのダウンジャケットクリーニング

冬のアウターの定番「モンクレールのダウンジャケット」 『今年もバリエーション豊かなモンクレール』 モンクレールと言えば、数年前に大流行し、今ではアウターの定番として定着しています。 高い防寒機能を持つタウンユースとしてだけでなく、ラグジュアリーでカジュアルなデザイン、女性も着こなしに取り入れやすいような、バリエーション豊富なデザインが増えています。 私は体が小さめなので、インポート...

「プラダを着た悪魔」の教え ~装いで成功するために

プラダを着た悪魔の教え

メラビアンの法則を最大限に活用する一番簡単な方法 「プラダを着た悪魔」のモデルになったとも言われる、米、Vougue誌の編集長「アナ・ウィンター」はこんな事を言ったそうです。 「あなたが勝負の時に勝ち目がないなら、装いに気合を入れなさい」 それだけ、人間は“装い”が大事です。 人と会う時も、私は、着ている服や足元、バッグなどに目がいってしまいます。 「きっと、きちんと靴が...

ブログトップへ戻る