ここが違うバッグ・鞄の修復技術

12,000円以上のご注文で往復送料無料

高度な布バッグ・鞄の補正技術

シャネルの布バッグの修復

シャネルの布バッグ

2つのCが重なり合っているシャネルのロゴが特徴のバッグ。薄ぼけてきた色の修正を行います。

ルイヴィトンのアンティグア カバPM エクリ

ルイヴィトンの帆布(キャンバス)にリベットが打ち込まれているバッグ。茶色に変色してしまいました。変色の原因はバッグの内側に糊(ボンド)がカビてしまい、変色したようです。
乾燥したヨーロッパではこうしたことはありませんが、高温多湿の日本ではよく起こります。

バッグクリーニング作業は、洗った後に、漂白作業を繰り返すことで元のように修復することが出来ました。

他社ではできないエナメルバッグの修復

シャネルのエナメルマトラッセ

シャネルのエナメルマトラッセ

エナメルは、一度シミや汚れが中に入ってしまったら、除去できません。
エナメルの再加工ができるバッグクリーニング専門店は、ほとんどありません。

角のエナメルがはがれ、あちこちに汚れが点在しています。

エナメルをはがして、汚れをとり、再度エナメル加工をして修復・メンテナンスしました。シミ汚れを除去する技術とエナメル加工の難しい技術の合わせ技です。

バッグクリーニング作業は、洗った後に、漂白作業を繰り返すことで元のように修復することが出来ました。

ルイヴィトンのモノグラム エナメル長財布

ツルツルしたエナメルは、普段は汚れがつきにくいと思われますが、そうではないのです。
エナメルの表面には顕微鏡で見ると、無数の小さな穴があいており、そこから汚れが入りやすいのです。このエナメル財布のインク、手アカなどは表面をいくら拭いても取れません。

財布についたインクや手垢は、エナメルの下層の生地まで及んでいたので、汚れを除去、漂白作業を行い、再度エナメル加工を施し、再生しました。

自然なヌメ革の風合いを保つリカラー技術

エルメスのボリード ブガッティ

ヌメ革は加工されていない自然のままのレザー(皮革)です。それだけに雨ジミや飲料のシミが吸収されやすく、すぐに拭いても必ずシミ跡が残ります。

ヌメ革の上に顔料かけるとツヤが出てしまい、ヌメ革の風合いがなくなってしまいます。自然な革のヌメ革の風合いを保ったまま、色補正をする修復は他店にはありません。

きめ細かいリカラーマスキング作業

リカラー(色補正)するとステッチまで色が付いてしまうので、糸目のマスキングをします。

マスキング後、ヌメ革専用の染料で色補正を行います。

最後に微細な修正を行うという細やかな作業となります。

高度な技術、スエードバッグ・鞄・財布のクリーニングとリカラー(色補正)

ティファニーのスエードのトートバッグ

ツルツルした革ではなく、表面が起毛されたレザーには、スエード、ヌバック、バックスキンがあります。顔料ではなく染料で染色しますが、起毛されているので、染色はとてもむずかしくなります。

レザーですから、洗うだけではシミは残ります。その後染色(リカラー)をします。ほとんどのバッグクリーニング専門店は染色ができません。
バッグメンテのクレアンでは、高いスエード染色技術で修復いたします。

エルメスの長財布 スエードドゴンGM

財布は手あかがついたり、水ジミがつきやすい素材です。

同じ赤色の染料を調合し、染色を施しました。バッグクリーニング&修理の専門店でも難しいとされている技術です。

エルメスガーデンパーティの染め替え

エルメスガーデンパーティ

樹脂コーティングされているエルメスガーデンパーティ。コーティングされているから、汚れがつかないと言ったら大間違い。このタイプのガーデンパーティは必ず経時劣化により、変色してきます。表面は硬い樹脂で覆われているので、修復はできません。

そこで、染め替えです。

裏表のキャンバス地とレザー部分をすべて黒に染め替えました。ブラックシリーズのガーデンパーティPMに変身させました。またステッチを保護して糸目を残すこともできます。

樹脂コーティングされたタイプのガーデンパーティは、変色することがわかり、今は製造されていませんが、かつてのヒット商品ですから、いまだ多くのユーザーを抱えています。
内側も変色していますので、まるごと染め替えしました。