ヌメ革バッグ・鞄・財布のクリーニング・修理

ヌメ革とは植物の渋に含まれる成分のタンニンでなめした皮革です。スムースレザーのような加工がされていないので時間がたつと少しずつ変色してきます。この風合いと味わいがこのレザーの特徴です。

自然のままのレザーであるので、汚れもつきやすく、メンテンナンスも難しくなります。ヌメ革のメンテンナスの完成度が高いかどうかで、バッグクリーニングの技術レベルがわかります。

12,000円以上のご注文で往復送料無料

ヌメ革バッグの質感を保つリカラー技術

エルメス ボリード ブガッティ

ヌメ革は加工されていない自然のままのレザー(皮革)です。それだけに雨ジミや飲料のが吸収されやすく、すぐに拭いても必ずシミ跡が残ります。

ヌメ革の上に顔料かけるとツヤが出てしまい、ヌメ革の風合いがなくなってしまいます。自然な革のヌメ革の質感を保ったまま、色補正をする技術は他店にはありません。

ヌメ革の染色カラーはご希望によって3パターン

ヌメ革にシミがついた、汚れてしまったら、洗っても必ず跡が残ります。その修復に再染色(リカラー)をします。その場合ヌメ革の色を選ぶことができます。

ルイ・ヴィトンのモノグラムを染色例にご紹介いたします。

あめ色

永く使用したヌメ革の色です。古びた感じを好む色です。

新品色

バッグを購入して間もない時期のヌメ革の色です。キャンバス地の方が古びていると、少し違和感があるかもしれません。

中間色

あめ色と新品色の中間の色です。程よく使い込んだヌメ革の色で無難な選択で、おすすめです。

再染色(リカラー)は、ヌメ革の質感を残されますが、今後ヌメ革の変色はありませんので、ヌメ革の自然な変色を好む方には向きません。

ヌメ革はシミがつきやすいので要注意!

アニエスベー レザーポシェット

ヌメ革はいかにもレザーらしい質感が好まれるのですが、雨ジミ、飲み物、食べ汚しなどに注意が必要です。お手入れも大変で、レザークリームを塗りすぎるとそれがシミとなります。これは液状のレザークリームをこぼした例です。シミ跡の汚れを除去し、残ったシミ跡をヌメ革専用の染料でリカラーしました。

化粧水をこぼした!

ヌメ革は加工されていない革であるので、スムースレザーと違って、液はすぐに染み込んでしまいます。化粧水は油性の材料が含まれていたようなので、油性の溶剤で洗浄し、残ったシミをリカラーで修復しました。