麻、レーヨンなど植物繊維はパークドライで洗ってしまうと、シワっぽくなったり、ぎすぎすした仕上がりになってしまいます。

parkdry

聞き手 ドライクリーニングには石油系とパークロエチレンという溶剤で洗うパークドライがあります。 水に強いが染色が弱いといわれる麻はパークドライではどうなんでしょうか。 滝本 麻、レーヨン、コットンなど植物性繊維はみんな水酸基なんです。 水酸基はパークと相性が悪く、シワっぽくなったり、ぎすぎすした仕上がりになってしまいます。 タンパク質の多いウールやシルクは、パークに耐えられるの...

アパレル製品はYシャツ、ニット、スーツに至るまで洋服にはすべて平滑剤などの加工がされています。 アパレルの加工剤は100種類ぐらいあります。

DSCN0284b

聞き手 アパレル製品は新品の時はしゃきっとしています。何か加工されているのですね。 滝本 アパレル製品はYシャツ、ニット、スーツに至るまで洋服にはすべて平滑剤などの加工がされています。 アパレルの加工剤は100種類ぐらいあります。 ひとつの物に何種類も使っているのです。私はそれを衣類の「厚化粧」と呼んでいます。 たとえば、ギマ(偽麻)加工。ウールを麻のようにシャキシャキした感じ...

ドライクリーニング作業後に、衣類を水に入れるという作業をしていない限り、本当の汗抜きクリーニングとはいえません。

asenuki2

Q.町のクリーニング屋さんで「汗抜き」というのぼりをよく見かけます。 また汗抜きソープが業務用洗剤メーカーで販売されているようですが、 いわゆる「ダブル洗い」(ダブルウオッシュ)とは違うのでしょうか。 A.汗抜きソープが、どのようなソープかはよく分かりませんが、特殊なソープの多く使ったとしても、ドライクリーニングだけでは「あせ抜き」は理論的にもできないものなのです。 ドライクリ...

「浴衣」その名の通り入浴着です。 奈良時代のお風呂は蒸し風呂だったので 熱い蒸気から身を守るために、麻布の入浴着を着用しました。お風呂用の肌着だったのですね。

yukata

  聞き手 若い女性が街で着物姿の女性を見かけること成人式ぐらいでしか見かけなくなりましたが、ゆかたは夏になると花火や夏祭りがあるせいか、昔よりゆかた姿の若い女性が多くなったような気がします。ゆかたは漢字ではどうして「浴衣」と書くのでしょうね。 お手入れドクター 「浴衣」その名の通り入浴着です。 奈良時代のお風呂は蒸し風呂だったそうです。 熱い蒸気から身を守る...

ブログトップへ戻る