他店にはない染め替え技術

12,000円以上のご注文で往復送料無料

レザーの染め替えとは(クリーニング洗浄後の作業)

レザー(皮革)の染色は、布衣類と違い染料の液に漬け込んで染めるのではなく、表革(スムースレザー)や裏革に、染料を塗りこむという方法で加工されます。その革生地を裁断、縫製されてレザー製品となるのです。出来上がった製品を更に染め変えるのは、高等技術を要する作業です。

平らな革生地を染色加工するのでなく、製品化されたものを再染色するのですから、いろいろな技術が要求されます。

ハイレベルな染め替えには、豊富な染色材料と調合の技術が不可欠!

レザーの染色には、国内はもとより海外有名レザー製品メーカーの様々な色を研究し、同じ色を作り出す技術が必要となります。

染料・顔料など染色材料は1000種類。微妙な色を出すためにさらに調合して新しい色を作り出します。

染料の調合は、色データをベースに職人の長い経験から生み出す技です。

レザーに染料を掛ける技、描ける技

レザーの染色には、エアスプレー、エアーブラシ、刷毛、筆を使い分けます。

レザーの自然な質感を出すためには刷毛を使って補正します。

筆で描くこともあります。レザーの素材、デザイン、仕上り感などを判断して、染色していきます。

日焼けのレザージャケットを染め替え

レザージャケットの肩から袖まで日焼けして色あせてしまったので、焦げ茶に染め替えたいというお客様の要望でした。

見違えるように、染め替えられたので、新しいジャケットが手に入ったとお客様のご感想でした。

日焼けのレザージャケットを染め替え

毛皮付きのレザーコートです。色を濃くしてほしい、しかし微妙なムラ感は残してほしいとのご要望です。

ビンテージものなど、ムラのある染色は、通常の技術ではできません。以前のままのレザーのムラの質感が出しながら染色できました。

スエードレザーの補修・染め替え

これも日焼けによる色あせ、変色です。これだけ広範囲の変色となるとほぼ染め替えと同じ方法となります。スエードの染色は顔料ではなく染料をベースにした染料を調合して染色しますが、部位や汚れのあるところとないところなど、条件が変わると染料の染み込み方が違ってくるので、それをフラットに仕上げることがとてもむずかしいのです。

染色の様子を見ながら少しずつ染め上げていき、フラットに質感もよく染まりました。

ムートンレザージャケット・コートの染め替え

色あせもしてきたムートンジャケットを黒に染め替えしてほしいという要望です。

ムートン専用クリーニング洗浄して中の毛皮部分をキレイにしました。ムートンの質感を保ちながらの色変え、フラットな仕上りになりました。

ムートンコートのカビ跡を隠す染め替え

ムートンコートにカビが生え、どこのレザークリーニング店に持って行っても断られたお品物です。

レザークリーニング洗浄しても、変色したカビは必ず跡が残るので、染め替えすることで、目立たなくする方法を提案しました。

ムートンはスエードよりもキメが細かく、その染色、リカラーはスエード以上に、高等技術が必要となります。カビがスエードの起毛繊維を壊して固まってしまっているところは、修正は難しく少しムラが出てしまいましたが、カビは見えなくなりました。

袖にもカビがあります。

カビの範囲が小さかったので、ほぼ完全に修復出来ました。スエードやムートンのリカラー、染め替えは、染料の調合と色掛け技術が大変難しく、それができる技術を持つレザークリーニング店は日本ではほとんどありません。

染め替えアラカルト

バイソンポケット付きジーンズスカート染め替え

蛇革ポケット付きのジーンズスカートを目立ちすぎるので、ジーンズまで真っ黒に染め替えてほしいという要望です。

きれいな黒に染まり、レザー部分をつやだししてアクセントをつけました。

パンチングレザージャケット染め替え

パンチングレザージャケット。小さな穴をあけた通風の良いレザージャケットです。柄が飽きたので、渋い色に染め替えてほしいという要望です。

染め替えで柄を潰してしまわないで、ある特殊な染料を選ぶことで柄を少し残す方法で、色掛け染色をいたしました。洒落たジャケットになったとお客様に喜ばれました。