ゴム引きコート/マッキントッシュのクリーニングと修理

ゴム引きコート/マッキントッシュ

ゴム引きコート/マッキントッシュ

イングランド生まれのゴム引きコートは、おしゃれな完全防水コートとして、世界中に愛用されています。

コットンの二枚の生地の間に液化した天然ゴムをのばして圧着し、熱を加えたマッキントッシュクロスと呼ばれているコートで、エルメスやルイ・ヴィトン、グッチ等の有名ブランドからも販売されています。

洗濯できないが、専門店だからこそ出来るクリーニングができるゴム引きコート/マッキントッシュ

洗濯できないが、プロのクリーニングができるゴム引きコート/マッキントッシュ

洗濯、クリーニングするための洗濯表示に、オール☓(バツ)がついて「洗ってはいけない」という指示がついていることに、どうしても矛盾を感じていまいます。普段着用する衣類は汚れるのに、洗ってはいけないというのですから。

でも、この表示はあくまでも家庭洗濯表示法で、「家庭で洗ってはダメです」という意味で、ゴム引きコートの特質を熟知しているプロなら洗えます。

ゴム引きコートの表地は、一般のコットン地のコートと同じく、コットンで出来ていますが、中にゴムが入っているせいか、触った感じが硬いのでカドが立ち、汚れやすく、襟周り、袖周りなどが汚れてきます。

エリの汚れは、汗と皮脂がこびりついていますので、しっかり洗ってやらないと除去できません。

天然石鹸で手洗いブラッシング

天然石鹸で手洗いブラッシング

お品物はあらかじめ検品され、汚れの状態とお客様の要望が、検品タグに書かれます。襟元、袖口、袖裏、裾の裏などの汚れがチェックされます。

天然石鹸で手洗いブラッシング

エリ首の汗汚れや皮脂を除去します。こびりついた汚れを除去しなければならないのに、このマッキントッシュクロスは、強くこすれません。強くこすると繊維が白化してきます。高い洗浄力のある石けんとして開発された石けんの泡で、柔らかいナイロンブラシで優しくブラシをかけると、汚れが良くとれます。

天然石鹸で手洗いブラッシング

ゴム引きコートは、100%天然石鹸で洗います。石けん溶剤にしばらく浸します。汚れを溶解させるためです。

天然石鹸で手洗いブラッシング

汚れが多くなる袖周りもしっかりと手洗いします。

天然石鹸で手洗いブラッシング

ほぼ全体をくまなくブラッシングして、汚れを石けん溶剤に溶かしていきます。

天然石鹸で手洗いブラッシング

マッキントッシュクロスのゴム引きコートは、色の種類やブランドも多くクレアンのクリーニング工房に入ってきます。

天然石鹸で手洗いブラッシング

普段見えない袖下裏側も汚れの多いところです。石けん溶剤の中に漬け込まれた汚れは、軽くブラッシングするだけで汚れが溶解してきます。

洗浄機でのゆすぎ作業

洗浄機でのゆすぎ作業

この後、ゴム引きコートはネットに入れられ、洗濯機に入れられます。前洗いは終わっているので、ゆすぐ程度の刺激のない洗いです。

手アイロン仕上げ

手アイロン仕上げ

ゴム引きコート、マッキントッシュクロスは、主に業務用アイロンの蒸気の力でプレスしていきます。

手アイロン仕上げ

天然ゴムが布の中にコーティングされているので、ゴムの劣化によって、生地が折れていたりしてシワになっていますので、職人による手アイロンで仕上げます。

白化させないアイロン技術

手アイロン仕上げ

プロのアイロンは、手元で蒸気の具合の調節ができます。天然ゴムを高温で痛めないように微妙な操作をしながら、アイロンをかけていきます。

手アイロン仕上げ

ゴム引きコートは硬いので、袖の折れ目は白化してきます。

手アイロン仕上げ

この白化現象は経時劣化によって広がってきます。色を深くするスプレーを掛けて目立たなくします。

手アイロン仕上げ

出来上がりです。生地の白化も深色加工で直りました。
白化現象がひどくなった場合は元に戻すためには再染色して補正するということになります。