着物・浴衣クリーニングについてのよくあるご質問

ご質問一覧

ご注文やお支払い方法、保障等については「ご注文全般についてのよくあるご質問」をご覧ください。

質問をクリックすると回答が表示されます。

クレアンの着物クリーニングは、他の着物クリーニング店とどこが違いますか?

他の着物クリーニング店は、着物を洗うのにドライクリーニングしかしませんが、クレアンは、ドライクリーニングだけでなく、水洗をします。そこが大きな違いです。

ほとんどの着物はポリエステルではなく、正絹(シルク)です。シルクは通常水洗いは出来ません。縮んだり、シルクの光沢、風合いが損なわれるので、ドライクリーニングでしか洗えないのです。しかしドライクリーニングでは水溶性である汗汚れが取れないのです。着物をクリーニングに出しても、汗汚れ、染みがほとんど取れていなかった。という声を良く聞きます。それはドライクリーニングだからなのです。

クレアン着物工房の水洗いは、ミクロの泡、マイクロバブル水で洗います。正絹(シルク)でも縮まない、風合いを損なうことなく洗うことができ、汗汚れなど水溶性の汚れが除去できます。ドライクリーニングしか出来ない従来の着物クリーニングの難点を解消しました。

着物のドライクリーニング

着物のドライクリーニング

マイクロバブルウオッシュによる着物の水洗い

マイクロバブルウオッシュによる着物の水洗い

神社、お寺さんの法衣のクリーニングは出来ますか?

出来ます。他店と違うクレアンの着物クリーニングのもう一つの特徴は、神社仏閣の法衣のクリーニングを積極的に行っていることです。

春秋の法事以外にも夏の行事が多い時に法衣はとても汗をかきます。通常のクリーニングではドライクリーニングオンリーですから、汗汚れや飲食時のビール、食べこぼしのシミ等は全く取れてこないと聞きます。それはマイクロバブルウオッシュで解決しています。

またヒダが多くある繊細かつ複雑な形の法衣をキレイに仕上げる技術も不十分です。ヒダの折り目がなくなってしまったなどの声を多く聞きます。

神社法衣の折り目を一つ一つ手アイロンで成形していく作業

神社法衣の折り目を一つ一つ手アイロンで成形していく作業

エリ汚れ、シミが多い着物を着物クリーニング専門店に持っていったところ、丸洗いではキレイにならないので、洗い張りを勧められました。洗い張りすればキレイになるのでしょうか?

洗い張りとは、着物の水洗いですが、丸洗いではなく、一度きものをほどいて平らな反物の状態にして水でゴシゴシ洗い、縮んだ生地を乾燥時に伸子(しんし)張りで、のばします。そしてまた仕立てをしてきものに仕上げるという大変手間のかかる着物のクリーニング方法です。洗い張りならなんでも汚れが取れるかというと決してそうではありません。変色してしまったカビ、シミなどは、漂白しても効果がなく、結局「色掛け」という筆で染色するという方法しかありません。

シミ、汗汚れが多い場合は、マイクロバブルウオッシュをご指定ください。洗い張りをしなくても、汚れがよく落ち、汗が取れてさっぱりします。変色したカビはマイクロバブルウオッシュでも取りきれないことがあります。その場合は、着物修復専門の職人が修復いたします。

着物の修復例:訪問着の金の柄足し

カビにより変色した訪問着のカビの成分を落とした後、金と銀の加工をして変色を隠して修復を行いました。

ファンデーションや口紅のシミは、きものクリーニングで取れますか?

ほとんど除去出来ますが、変色してしまっているシミは、改善は出来ますが、クリーニングだけでは修復が難しいこともあります。その場合は着物修復で補正・補修いたします。

絞り振り袖の口紅のシミ補正

口紅とファンデーションがまじり、クリーニングでは全く取れなかったシミを染み抜きをした後、染料を筆で塗りシミ跡を覆い隠しました。

古いきものなので、点々と薄茶色のシミがあります。こういったシミは取れますか?

点々と薄茶色のシミの正体はカビです。着物はお仕立て時にのりづけをして張りやツヤをもたせています。それをタンスにしまいこんでいるとノリにカビが生えてしまうのです。着物はお手入れをこまめにしないとカビが生えてやがて変色してきます。こうなったら水洗いでも取れません。その場合は着物修復で補正・補修いたします。

着物はこまめなお手入れが大切です。梅雨の時期が終わるとすぐに天気のいい日に風通しの良い所で陰干しをします。これは昔から「虫干し」と呼ばれています。

カビの変色補正

長年たんすにしまっていたため、カビが点々と全体に広がってしまった着物を水でカビ菌を除去してから、漂白・染料掛けをしました。

着物がカビ臭いのですが、クリーニングしたら取れますか?

新しいカビの場合、通常の着物クリーニングで取れます。しかしカビの臭いはドライクリーニングでは残ることがあります。ドライクリーニングは洗浄力が弱いので残ることが多く、汗の臭いも同様です。カビの臭い、汗の臭いをとるにはマイクロバブルウオッシュで水洗いすることをおすすめします。出来上がりがさわやかですっきりします。

きものを保管するのに真空パックは有効ですか?

着物の真空パックは、酸素を抜いて無害な窒素ガスを混入してあります。酸素がない状態ですので保管状態としては完璧です。酸素がない状態ですので、正絹(シルク)の酸化は進みません。湿気がありませんのでカビも完全に予防できます。また従来の真空パックと違い、窒素ガスを混入して少し膨らませてあるので、ペッシャンコになっていないのでシワもほとんど残りません。