多くの高級(ハイブランド)服を洗うマイクロバブルウォッシュ

12,000円以上のご注文で往復送料無料

マイクロバブルウオッシュはこんな方におすすめ

  • ウールやカシミヤ・アンゴラなどの高級衣類を水洗いしたい。
  • 高級衣類は一般のクリーニングに出すのが心配。
  • ドライクリーニングに出しても、衣類が重たく感じる。さっぱりしない。
  • 水洗いは縮んだり型くずれが心配。

マイクロバブルウオッシュは、すべて大丈夫です。

  • 仕上がりをよくしてほしい。
  • ブランド品を安心してまかせたい。
  • 汗汚れが気になる。
  • ドライクリーニングの匂いが気になる。

高級クリーニングと呼べるケアとメンテナンス

クレアンの高級衣類クリーニングで大切なことは、作業前の検品です。それはクリーニング用のタグをつけることから始まります。と同時に、検品作業でお品物の様々な情報を得ることができます。

お品物につけられている品質表示や洗濯表示の確認、並びに、お品物の汚れ、状態をくまなくチェックします。

マッキントッシュのゴム引きコートやバブアーなどのオイルドジャケットは洗濯表示がすべて☓(バツ)となっており、通常ではクリーニングできない、洗濯できない衣類です。 「家庭洗濯表示」と言われる通り、あくまでも家庭や一般のクリーニングで洗ってはダメということですが、クレアンでは洗うことが難しい衣類でも、難洗衣類専門の技術で洗うことができます。

ブランドタグの検品

高級(ハイブランド)服にとって、そのブランドの印であるロゴマークはとても大切なものです。ブランドタグがキレイであるかどうかも、クリーニングの検品の作業の一つとなり、ホツレ等がある場合、お客さまのご希望を聞いて補修します。

お品物につけられている品質表示や洗濯表示の確認、並びに、お品物の汚れ、状態をくまなくチェックします。

多くのブランドを扱う高級クリーニング

ミッソーニは、イタリアのハイブランド。他にもブリオーニ、Kiton、ボッテガ・ヴェネタ、ディーゼル、ヘルノ、ヴェルサーチなどの婦人、紳士服をマイクロバブルウォッシュで水洗いします。クリーニング後の着心地の良さで好評を得ています。

エトロは、「ペイズリー」の名称で家具やカーテン生地のテキスタイルメーカーとしても有名で、そのインドのカシミール紋様をあしらった洋服は、エミリオ・プッチと並んで洗うのが難しいブランドです。マイクロバブルウオッシュはそうした素材ブランドも、風合い良く仕上げることができます。

他にもクレアンではエルメス、シャネル、ヴィトン、グッチ、コーチなどのラグジュアリーブランドだけでなく、フランス、イタリア、英国など欧米の有名ブランドの衣服を数多く取り扱っています。

高画質カメラによる検品

高画質カメラで撮影し記録する理由は、検品の専門家でも見逃してしまうかすかなシミや繊維の乱れまでを記録することができるからです。クリーニング前後で気になること、またお客さまからの指摘があれば、画像を拡大して、検分します。

クリーニング前のケアと補修

検品で見つかった刺繍部分のほつれをクリーニング前に補修します。

襟元汚れの状態を確認します。衣服を着用していて、最も汚れるところは、首周りの襟元と袖口です。汚れがある場合は、前処理をいたします。

ポケットのほつれなどのチェックしてから、ポケットの中のホコリやゴミを点検します。

ポケットのホコリ、ゴミなどをエアーで飛ばします。クリーニングの作業は洗うだけではないのです。いつも完全なお手入れが済んだ状態でお客さまに洋服を着用して頂きたい。こうしたケアとメンテナンスがあって、高級クリーニングが生まれるのです。

ミクロの泡で洗う水洗い マイクロバブルウオッシュ

いよいよマイクロバブルによる水洗いです。専用のメッシュ地のネットに入れて、マイクロバブルワッシャーに入れます。なるべく衣服に負担をかけないように保護します。

洗浄に適した天然水で、超微粒子の泡が生成されます。濁った水のようになります。あまりにも小さな泡なので、この泡は繊維の奥まで入り込ムことができ、汗や汚れを繊維から追い出してくれるのです。

今まではカシミヤやアンゴラ、それにシルク繊維などの高級素材の衣服は、繊維が痛むので水洗いができず、ほとんどがドライクリーニングでした。ところがドライクリーニングでは汗汚れなどの汚れが十分に取れなかったのです。

マクロバブルウオッシュは、水洗いなのに繊維を取り囲むのは、水そのものではなく泡の微粒子です。繊維は水に直接触れることが少なくなることで、水に撚る繊維に他するダメージを限りなく小さくすることができるので、洋服の縮みや型崩れ、風合いを変えることなく洗い上げます。

そして微粒子の泡が、汗汚れやしつこい汚れも取り除いてくれます。

動画を見る

ドライクリーニングを繰り返していると、ドライクリーニングで除去できない汗の成分が、蓄積されてくるので、さっぱりしない、袖の通りが良くない、何故か重く感じるということがよくありますが、そんな衣類もマイクロバブルウオッシュで洗うと、スーツが軽くなる、袖を通した感触がスムーズ、さっぱりを体感できます。

手アイロンによる仕上げ

一般のクリーニング店でのアイロン仕上げは、ほとんどがプレス機による機械仕上げです。 クレアンでは、アパレル服を熟知した熟練の職人による手仕上げです。

機械仕上げは、マシーンによってあっという間に仕上げるという効率の良さは抜群ですが、様々な形の洋服のシルエットに合わせたキメの細かい仕上げはほとんどできません。

手仕上げ専用の業務用アイロンで、噴出する蒸気の量を微妙に調節しながら、またプレスの圧を調節しながら、ブランド服の形を整えていきます

ファッションケアの高級クリーニングであるためには、洋服を洗う、キレイにするだけではありません。お客様が快適に気持ちよく着用していただくために、修理、メンテナンス、お手入れを含めたトータルなクリーニングでありたいとクレアンは考えています。

マイクロバブルウオッシュの評判

クリーニング後、スーツを着用したら袖の通りがなんとスムーズなこと!
港区 田中様
まったく匂いがしないので驚いた。さっぱりした感触。
横浜市 A.K様
仕上がりがとてもいいと思います。
神戸市 H.S様
ブランド品のことをよく理解しているクリーニング屋さんですね。
さいたま市 佐藤様
カシミヤのコートがクリーニングに出す前より軽く感じるのは、そのせいですか?
渋谷区 K.O様
水洗いしてもらって本当に良かったと思いました。
仙台市 K.M様