一般衣類クリーニングについてのよくあるご質問

ご質問一覧

ご注文やお支払い方法、保障等については「ご注文全般についてのよくあるご質問」をご覧ください。

質問をクリックすると回答が表示されます。

高価なブランド衣類やカシミヤ、アンゴラのものは近所のクリーニング店にお願いするのは不安があります。クレアンは高級衣類の専門店ですか?

そうです。クレアンは、高級ブランド品や高級素材、クリーニングが難しいとされる衣類の専門店です。

クレアンの衣類クリーニングは水洗いですか?

そうです。「マイクロバブルウオッシュ」と呼ばれるミクロの泡で洗う水洗いと「手洗い」をベースにしています。

何故水洗いが良いのですか?

衣類から汗を完全に取り去るからです。

高級とされる有名クリーニング店を含めて、ほとんどのクリーニング店はドライクリーニングです。石油系溶剤で洗うドライクリーニングは、衣類に刺激を与えないで洗うことができますが、汗など水溶性の汚れは取れません。

何度もドライクリーニングをしていると、汗は蓄積されていきますよね?

汗は乾くと水分はなくなりますが、汗の成分(塩分や尿素)は残ります。これがドライクリーニングでは取れないのです。何度もドライクリーニングした衣類の汗も水洗いすることでなくなり、衣類が軽く感じるようになります。

「汗抜きドライクリーニング」と書いてあるクリーニング店がありますがドライ溶剤に水溶性のソープを入れてあり、それが汗を除去すると言っているのですが、ドライクリーニングに変わりがなくて、その効果はほんのわずかです。

クレアンの水洗いはどうやって洗いますか?

天然水からマイクロバブルというミクロの泡を造り、その泡で洗浄いたします。ドライクリーニングでは、汗汚れが取れません。カシミヤウール、アンゴラなどの高級素材は従来の水洗いでは、繊維が傷んでしまうので、ドライクリーニングでしか洗うことができませんでした。

マイクロバブル、この気泡の超微粒子が、繊維の組織のすきまに入り込んで汚れや汗を外に押し出すのです。水の圧力ではありませんので、繊維は痛まないし、縮みもしないのです。クリーニング後のスーツが軽くなる!袖を通した感触がスムーズ!さっぱり、かる~いを体感してください。

ドライクリーニングでは汗が取れないのですか?

ドライクリーニングの洗浄剤は、石油から作られた油溶性の洗浄剤です。皮脂などの油性の汚れはドライ溶剤に溶けるのでは取れますが、汗は取れません。衣類の汚れの大部分である汗汚れは、水溶性なのです。衣類を乾燥させても汗の成分は衣類にそのまま残ります。

ドライクリーニングを繰り返していくと沈殿した汗汚れが、衣類が重く感じるようになり、紫外線などに反応して衣類を傷めます。マイクロバブルウオッシュは、そうした汗汚れまでもすべて取ってしまうので、さっぱりした仕上がりで気持ち良い着こごちを体感させてくれます。

一般のクリーニングでは、何故水洗いではなくドライクリーニングなのでしょうか?

大手のクリーニング会社含めて、ワイシャツ以外ほとんどの衣類はドライクリーニング洗浄です。その理由として以下のようなものなどがあります。

  1. 水洗いは素材を痛めてしまうリスクが高い。
  2. 家庭洗濯表示が水洗い☓または手洗いとなっている。
  3. 水洗いは手洗いを求められるので、生産効率がはなはだしく悪い。もしくは手洗いの技術がない。

ウールやウール混紡、シルク素材は、機械洗いの水洗いでは、生地が膨潤、ふやける、縮む、色が落ちるなどの事故が起こりやすいのです。それも仕上げアイロンで修正することができますが、一般のクリーニング店ではその技術を持っていません。

また、家庭洗濯表示通りでしか洗わない。ドライクリーニングのみの洗濯表示では、ドライクリーニングしかやりません。またメーカーの洗濯表示は家庭洗濯を対象としているので、家庭で洗えるもの以外は、ほとんどの衣類はドライクリーニングのみとなっています。

洗濯表示が、オール☓、洗濯できない洋服、マッキントッシュコートは洗えますか?

マッキントッシュは一般のクリーニング店に持って行っても、洗濯表示が全てバツなので断られてしまいます。

「マッキントッシュコットン」と呼ばれているコットンにゴムが裏張されている完全防水のコートで、エルメスやグッチ、ヴィトンなど有名ブランドからも発売されています。ゴム引きコートは、ドライクリーニングすると裏張されているゴムの接着剤が溶けてしまうので洗うことができないのです。水を使った手洗いやマイクロバブルウオッシュで洗うことができます。

両脇の裏地の剥がれも修理することができます。

着用時に表地のコットンが擦れて白化することがあります。染色が剥げて閉まっているので、再生は難しいです。スレに気を付けたいものです。

洗濯表示が、オール☓のオイルドコートは、クリーニングできますか?バブアーのオイルドジャケットなど洗濯表示が、オール☓、洗濯できない洋服も洗うことができますか?

洗えます。オイルドコットンジャケット、ワックスコートと呼ばれるオイルドコートのブランドはバブアー、ベルスタッフ、の他にもラルフローレンなど有名ブランドなどから出ています。

コットン地に油が塗られていますので、防水には適していますが、油が汚れを吸い取りやすく汚れてきます。クリーニングすることで油と汚れを除去します。その後、オイルの再加工(リプルーフ)をすることができます。

オイルドコートの油を再コーティング加工(リプルーフ)はできますか?

できます。クリーニングすると、汚れが取れますが油も取れてしまいます。オイルドコートのベタツキ感を好まれない方はそれで良いと思います。オイルドコートの独特の風合いが好きだという方にはオイルド再加工(リプルーフ)をおすすめしています。

方法は、動物性油脂と植物性油脂をブレンドしたオイルを薄く何層にも重ねていく手仕事で、とても手のかかる職人の仕事です。

手作りの洋服で、洗濯表示もついていないのですが、クリーニングできますか?

職人が素材を判断してクリーニング方法を決めます。生地の染色が弱い、装飾品がついているなどを確認して、問題がなければ通常に洗います。一般のクリーニング店では、洗濯表示の付いていないものは、洗濯方法がわからないので洗えないのです。

一般のクリーニングは、ドライクリーニングの機械洗いがほとんどですが、クレアンの衣類クリーニングのもう一つの特徴は、手洗いです。1点1点の素材を確認して、最も良い洗浄方法で手洗いします。

他店で取れなかったシミ抜きもやってもらえるのでしょうか?

他店で取れなかった染み抜きのご注文は多くあります。数多くの染み抜き技術と染色技術でお応えしています。

シルクのブラウスの脇の下の汗ジミが変色してしまいました。もとに戻るのでしょうか?

戻ります。シルク素材は、通常のクリーニングではドライクリーニングですから、汗ジミは取れません。また変色してしまっている汗ジミは、水洗いシても変色は治りませんので、漂白しなければなりませんが、シルクの漂白には限界があります。漂白でも修復できない場合は、その部分を着物と同じように染色補修する事になります。染色補修は別途料金となります。

舞台(ステージ)衣装のクリーニングは対応していますか?

対応できます。クレアンでは。500種類以上のクリーニング方法、洗い方に技術がありますので、あらゆる衣装をクリーニングすることができます。

ドレスクリーニング