モンクレールなどのブランドダウンやブランドコートの水洗いクリーニング


いよいよ今年も暖かくなり、厚い上着を一枚ぬいで身も心も軽やかな季節になりましたね。
さて、その素敵な上着、使わないシーズン前にどうされますか?

クリーニングに出すと、ほとんどがドライクリーニング対応になるのではないでしょうか。
ですが、上着は思っている以上に汗をかいています。
汗汚れはドライクリーニングではしっかりキレイにするのが難しいのです。

その汗汚れをそのままにして、次のシーズンまで長く保管するのはおすすめできません。

ダウンには水洗いクリーニングがおすすめ

布団の様に、汗をかきやすいダウンコート。
また、羽毛の性質上、ドライクリーニングではなく水洗いでないと、せっかくの暖かさが損なわれてしまいます。

名だたるブランドダウン


モンクレールと並んで、多くのファンを持つイタリアのダウンウエアブランド、デュベチカやタトラス。

高級ファッションの最高峰と言われるエルメスも、タウンユースでエレガントなダウンウエアを販売。
他にもシャネルやグッチやルイ・ヴィトン、エミリオプッチなど多くのハイブランドメーカーがダウンコートを販売しています。

本格的な極寒地仕様のナイジェル・ケーボン「エベレストパーカー」やカナダグース。
ウールリッチ、マーモット、モンベル、コロンビアやザ・ノース・フェイスなども、今ではアウトドアだけでなく、タウン着としても愛用されています。

羽毛、シームレスにはドライクリーニングは厳禁!


その様な高品質のダウンの保温性を保つには、ダウンウエア専用の水洗い(ウオータークリーニング)が最も適したクリーニング方法です。

中綿にダウン材などの羽毛が使われている場合、ドライクリーニングで使う油性溶剤で、羽毛に含まれた油分が抜けてしまい、保温力が半減してしまうからです。

さらに、最近使われることが多くなった「シームレス」(無縫製)のものは、縫製の代わりに接着剤や接着テープが使われており、これがドライクリーニングで使う油性溶剤で溶け出してしまうので、ドライクリーニングは厳禁です。

水洗いで外側も内側もしっかり汚れを落とす


特にハイブランドの繊細な作りのダウンのクリーニングは、機械洗いでのクリーニングはほつれや破れなどが心配です。

また、普通の衣類と違い、頻繁に洗濯しないので、襟や袖の皮脂汚れや外側のシミなどは洗浄機のみで落とすのは難しいものです。

クレアンでは合成洗剤を使わず、40度のお湯に溶かした天然石鹸による手洗いで表地の汚れをとり、隅々までブラッシングして汚れを落とします。

天然石鹸は洗浄力が強く、すすぎ性も良いので、合成洗剤のように微量のすすぎ残りもありません。
ブラシは汚れの程度に応じて幾つかの種類を使い分けます。

✳︎ダウンクリーニングの詳細はこちら
✳︎料金表はこちら

ブランド品は繊細な作りに気をつけて

一部の製品は、デザイン重視の為、繊細な生地を使ったり、縫い方があまり頑丈ではなくほつれやすいなどの特性を持った製品もあるようです。

ブランド品や高級品だからといって、丈夫だというわけではなく、むしろクリーニングされることを想定されていないかのような繊細な作りのものも多いのが現状です。

そういった商品のクリーニングは、機械洗いでのクリーニングは危険です。
1点ずつ状態を丁寧に確認し、手洗いで対応できるクリーニング店がおすすめです。

傷めずに復元、自然乾燥と仕上げ


長時間タンブリング乾燥をしてしまうと、ダウンウエアを叩くので、ダウンの羽が折れたり表地も傷みやすくなってしまいます。

じっくり自然乾燥が理想的です。

自然乾燥の後、絡まった中綿のダウンをほぐす加工を施し、ツヤツヤ、ふわふわダウンジャケットの出来上がりです。

高級素材、天然素材のコートの水洗い


ウールやカシミヤ、アンゴラ、それにシルク繊維などの高級素材の衣服は、繊維の縮みや傷みが出やすいため水洗いが難しいといわれています。

ですが、ドライクリーニングを繰り返していると、除去できない汗の成分が蓄積され、さっぱりしない、重く感じるということがあります。

天然素材を洗う、『マイクロバブルウォッシュ』の凄さ!


クレアンの『マイクロバブルウォッシュ』は、水洗いなのですが、繊維を取り囲むのは、水そのものではなく泡の微粒子です。

洗浄に適した天然水を使い、超微粒子の泡が生成されます。この泡は繊維の奥まで入り込むことができ、汗汚れやしつこい汚れを繊維から追い出してくれるのです。

水に直接触れることを最小限にすることで、水による繊維に対するダメージも最小限にでき、洋服の縮みや型崩れなく、風合い良く仕上げることができます。

マイクロバブルウオッシュで洗うと、衣服に蓄積していた汚れが落ちるので、軽くなる、袖を通した感触がスムーズ、さっぱりを体感できます。

✳︎マイクロバブルウオッシュクリーニングの詳細はこちら
✳︎料金表はこちら

お客様の声を頂きました

さいたま市 y.y 様

ブランドもののコートとジャケットは今までドライクリーニングでしたが、水洗いできると聞いてお願いしました。

今までの仕上がりとは違って、どちらもさらりとして、軽くなった感じがします!
長く使いたいものなので、またお願いする際はよろしくお願いいたします。

参考価格:クリーニング(マイクロバブルウォッシュ):PRADA(プラダ)の綿素材の厚手のコート 6300円/RALPH LAUREN(ラルフローレン)のウール素材のジャケット 4300円/往復送料 1500円/合計 12100円 (2019年3月現在)

✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎

仕上がりにご満足いただけたようで、スタッフ一同大変嬉しくご感想のメールを拝見させていただきました!
また来年も気持ちよく着ていただけますように。
ご依頼いただき誠にありがとうございました。

仕上がりも違う。いいもの長持ち


お気に入りのコートやダウンを長く使いたい方には、お品物をできる限り傷めずにしっかり洗える水洗いクリーニングがおすすめです。

また、効率を重視した機械仕上げとは違い、クレアンでは、アパレル服を熟知した熟練の職人による手仕上げです。ブランド服の様々な形のシルエットに合わせて形を整え、キメの細かい仕上がりです。

洋服を洗う、キレイにするだけではなく、お客様に快適に気持ちよく着用していただくために、修理、メンテナンス、お手入れを含めたトータルなクリーニングでありたいとクレアンは考えています。

クリーニングに出すのを躊躇してしまうようなブランド品も、お任せください。