厳冬を乗り切り、また来年の着心地よさのために。カシミア ウール 水洗い クリーニング

幅広い人気の天然素材、カシミア、ウール

カシミア ウール

なめらかな肌触りのカシミア

今年の冬は寒かったですね。
東京で48年ぶりに最低気温が氷点下4度まで下がった日もありました。
ダウンやコートが大活躍でしたが、インナーとしてウールやカシミアなどの天然素材は、暖かさの機能性や見た目も華やぐことからどなたも必ずクローゼットにお持ちなのではないでしょうか。

カシミア繊維は、寒暖の差が激しい高地や山岳地方で生育するカシミア山羊の毛です。カシミアは肌に近い部分に生える少量の毛のみが使われるため、1頭当たり約100g程度しか得られない貴重なものです。セーター1枚に約4頭分、コート1枚では約30頭分のカシミアの毛が使われています。また、産地・年齢・生育環境などで品質が異なり、色が白いものほど高価とされています。細さや長さでもランク分けされ、そのランクによっても価格が大きく異なります。

カシミア

そんな、希少で高価なカシミア衣類。軽く柔らかく暖かく、そしてその美しさもまた魅力ですよね。その上質さゆえに、擦れによる毛玉や水に弱いなど扱いはデリケートで、家庭でのお洗濯は難しいとされています。普段のお手入れは、着用したあとにブラッシングするだけでもかなり違います。それだけでほこりが落ち、毛並みも整い風合いが戻ります。
また、数回着て毛がへたってきたら、アイロンを生地には直接あてずスレスレで浮かしてスチームを当てます。蒸気で毛が起き、クリーニングのような仕上がりに。ただし、汚れがある場合その部分にはスチームは当てないようにしましょう。

カシミア お手入れ

オールラウンダーのウール

カシミアよりは一般的な素材と言えるウールですが、その暖かさや幅広いデザイン性で広く普及しています。
気軽に着れるのはいいのですが、お手入れはデリケート。気をつけて手洗いしても縮んでしまうことがあったり、すぐに毛玉ができたりとお手入れに手がかかりますよね。

表面が汚れてくるのは主にホコリなどが原因。ウールのニット類は手洗いや洗濯機のドライコースなどで洗えるものもありますが、コートなどは着用後にブラシをかけるだけでもだいぶ違います。また、袖や襟の黒ずんだ汗、皮脂汚れには水を硬く絞った布でたたき拭きをします。水シミにならないよう、布はよく絞り、たたく→乾かす→たたくと繰り返して汚れを拭き取りましょう。

手洗いの際の注意事項。洗いもすすぎも30度くらいのぬるま湯を使いましょう。汚れも落ちやすく、縮れも防ぎます。
また、編み目がざっくりしたものは縮みやすいので、クリーニングをおすすめします。おしゃれ着用の中性洗剤を使いやさしく手でつかむ様に洗いますが、汚れを強く揉んだりすると毛玉や伸縮の原因になるのでご注意を。脱水は短めに、10秒脱水→一時停止を2〜3回繰り返します。一時停止の時に取り出し、衣類を軽くほぐして形を整えてから再び脱水するとシワやよれが防げます!その後、形を整えて平干ししましょう。

ウール お手入れ

ウールと人類との歴史は長く、古くはギリシア神話に出てくるように長い間愛されてきました。
ウールは天然繊維の中で最も温度変化の影響を受けにくい性質があります。高い吸湿性があり、湿気を吸収すると発熱します。クリンプというバネのように弾力のある神秘的な縮れが、温かな空気の層を作っています。
そのように素晴らしい保温素材であるウールですが、汚れるとクリンプの弾力性が弱まり保温性も低下します。クリーニングにより汚れがとれると、またふっくらとした温もりがよみがえります。

ウール クリンプ

革新的なマイクロバブルウォッシュで丸洗い

油性の溶剤での洗浄であるドライクリーニングでは落とすことのできない、水溶性の汗などの汚れは毎年ドライクリーニングに出していても変わらず蓄積されていき、どこか重くべたっと感じられたりします。
クレアンのクリーニングでは、ドライクリーニングとは違い、『マイクロバブルウォッシュ』という特殊な技術を使ってウールやカシミヤなどのデリケートな高級素材水洗いします。

マイクロバブルウォッシュ1

マイクロバブルウォッシュ2

『マイクロバブルウォッシュ』とは、洗浄に適した天然水を使い、超微粒子の泡を生成します。1枚目の写真は、洗剤で水がにごったように見えますが、実は洗剤ではなく、これが超微粒子の泡によるものです。この超微粒子の泡は『マイクロ(ミリの0.001倍)』の名の通り、あまりにも小さな泡なので、この泡は繊維の奥まで入り込むことができ、汗や汚れを繊維から追い出してくれるのです。マイクロバブルウオッシュは水洗いですが、繊維を取り囲むのは、水そのものではなく泡の微粒子です。水が直接繊維に触れることが少なくなることで、水による繊維に対するダメージが限りなく小さくなるので、洋服の縮みや型崩れ、風合いを変えることなく洗い上げます。そして微粒子の泡が、汗汚れやしつこい汚れも取り除いてくれます。

繊細な泡ですっきりと洗ったあとは、丁寧で上質なクリーニングの仕上げです。

IMG_6080
職人により、噴出する蒸気の量やプレスの圧を微妙に調節しながら、手仕上げでアイロンをかけます。一般のクリーニング店では、プレス機による機械仕上げであることがほとんどです。

IMG_5339

ウールやカシミアのお手入れで一番気になることの多い毛玉やほつれ。ファッションケアクレアンでは、もちろん毛玉取りやほつれのお直しのサービスもしています。(※程度によってご対応できかねる場合があります。)

IMG_1913

これで、上質で着心地がいいけれど扱いは繊細な大切な高級衣類も、型崩れすることなくスッキリ軽くなり、次の冬も変わらず温かく美しく着ることができます。クローゼットでお休みさせる前に、ぜひお手入れくださいね。

カシミア ウール