『キャンバス地のバッグ』アクティブに使うために

【キャンバスバッグ】キャンバスバッグ クリーニング

キャンバス地のバッグって、皮と違い、カジュアルな場面にも持ち歩けるし、ガンガン使っても大丈夫、と思って使いやすいですよね。
しかし、キャンバス地は厄介で、長く使っていると、黄ばみやシミが取り返しのつかなくなることがあります。
【PRADA】プラダのキャンバストートを持って居たのですが、黄ばみが日に日にひどくなり、近所のクリーニング屋に特殊クリーニングで依頼したのですが、全く綺麗になりませんでした。

クリーニングできれいになるの?

今思えば、クレアンのような、熟練した技術を持った、専門のクリーニング会社に頼むべきであったと後悔しております。
クレアンでお預かりした布製バッグの例をいくつか、お手入れ方法とともにご紹介していきます。

【Louis Vuitton】ルイヴィトンの帆布(キャンバス)トートバッグ エクリュ。リベット(金属板をつぎ合わせるのに使う、頭がまんじゅう型をした鋲(びょう))が打ち込まれているバッグです。

ハイブランドのキャンバストートは、このようにリベット部分やレザー部分が混在し、接着面から茶色に変色したケースがあり、変色の原因はバッグの内側に糊(ボンド)がカビて、変色してしまうようです。

事例1

【Louis Vuitton】ルイヴィトンの帆布(キャンバス)トートバッグ エクリュ

<before>
type-canvas-01

<after>
type-canvas-02

事例2

【HERMES】エルメスのガーデンパーティー のビフォーアフター

<before>
DSC_2129

<after>
ガーデンパーディエルメスアフター

私のプラダのキャンバスもまさにボンドから広がった黄ばみでした。乾燥したヨーロッパではこうしたことはありませんが、高温多湿の日本ではよく起こるそうです。

こういった、布とレザー、金具が混在しているものの、お手入れは非常に難しいです。丸洗いすると更に色移りは広がるので、丸洗いはできません。

通常のバッグクリーニング専門店がこのタイプのバッグを断ってしまうようです。私は、取りきれないかもしれないと言われても依頼して、結果的にあまり期待していたほどの効果はありませんでした。

「クリーニングのコンシェルジュ」クレアンでは、
汚れを中心に全体的な汚れを、1つずつ除去し

特殊な移染除去液を添付して色移りを除去

仕上げに、レザー(皮革)へ移染防止剤を塗布いたします。

これで革からの色移りはなくなると思われます。
そして、プリントが施されているキャンバス地には、プリントが剥げてきたり、変色した場合、時には美術品を修復するように、丁寧に慎重に、職人が、色を入れていきます。元々、ブランドモチーフなどの柄が入っている、キャンバス地は、特殊な漂白作業を繰り返すことで、少しずつ元の状態に修復していきます。日焼けによる変色も上述したような作業をし、元に近い状態まで戻すことが出来ます。
傷なども丁寧に補修していきますので安心してお任せください。
ところで、「松浦弥太郎」さんをご存知でしょうか?
『暮しの手帖』の前編集長でいらっしゃり「男の一流品カタログ」は女性の私でも心が踊るような、国内外のブランド品だけでなく、英国のオーダーメードや、ハイブランドの一流品の質の良さ、例えリーズナブルなものでも、長く使える銘品を紹介している、そのmook本は眺めているだけでも勉強になります。
その中に触れて居たのが「LL Bean」のキャンバス地トートバッグでした。

海外の一流レストランにキャンバス地のトートバッグを持って入店されたそうです。その際にボーイの男性に「あなたのバッグは素晴らしい」と褒められたそうです。

TPOはもちろん大事ですが、老舗と言われるブランドのスタンダードなものは長く選ばれるだけの理由がある、そうおっしゃっているように私には思えました。

だから、シャネルや、プラダ、グッチ、ETRO(エトロ)、セリーヌなどは、アパレルが競合する中で長く愛される理由があるのではないかと私は思います。

私は諦めて、プラダのバッグを処分してしまいました。本来はそうあるべきではないですよね。

クレアンは、捨てるのではなく、お手入れをして長く使っていただけるように大切に作業をさせていただいております。新しいものもいつかは古くなります。そうなった時に、丁寧な作業で命を吹き込む。いつまでも大切に使って欲しいから。クレアンはお客様を想い、鍛錬した技術をお客様に実感していただきたいと思っております。