もうすぐ春ですね!季節の変わり目にはクリーニングを

v4-009
今はまだ2月の中旬で、厚いダウンやコートが手放せない毎日ですが、
あと1ヶ月もすれば、温かくなり薄着でも平気な日もあることでしょう。
季節は少しずつ、確実に春に近付いています。

暖かくなると、厚手のコートやセーターはだんだんと着る機会が少なくなります。
春の装いが増えてきたな・・・と思ったら、衣替えの時期です。
暖かいけど重い冬の衣類から、薄くて明るい春の衣類にバトンタッチです。

そして、冬の間に大活躍したダウンジャケットやコートやセーターをクリーニングに出しましょう!

最も適した方法でクリーニング

冬物の衣類は色合いの濃いものが多く、一見しただけでは汚れは分かりにくいですが、
ホコリ、食べカス、飲み物の飛沫、汗、アカ、皮脂・・・などで思った以上に汚れています。
まして、コートやセーターのように使用頻度の高い物はなおさら。
それを『目立たないから・・・』『見えないから・・・』と見た目で判断し放っておくと、いつのまにかシミができていたり、
細菌が繁殖して臭いの元となったり、場合によってはカビが発生してしまうかもしれません。

写真のお品物のクリーニングをご依頼されたお客様は、

  • 全て水洗い及び手洗いで作業してほしい
  • 汗汚れを取ってほしい
  • 形を崩さないでほしい
  • といったご要望でした。
    そこで、ファッションケア クレアンでは、職人が洗浄力のある天然石けんで一つ一つ丁寧に手洗いをし、
    一つ一つシャワーで丁寧に泡を落とし、乾燥機にはかけずに形を整えて、自然乾燥を致しました。
    機械の力は加えず、完全に職人の手だけでの作業です。

    ご要望が多いということは、それだけ自分の服に愛着をもっているということです。
    ファッションケア クレアンでは、そんなお客様のご要望に出来得る限りお応えできるように
    最も適したクリーニング方法で作業をしております。
    ただ洗う、ただ乾かすだけではなく、お客様の衣類を敬意をもってお取り扱いする。
    それが、ファッションケア クレアンの理念です。

    このようにお役目を終えた冬の衣類をクリーニングに出して、綺麗にしてから整理すれば、
    来シーズンにまたその服を着て、楽しく冬を過ごすことができますね。

    『衣食住』という言葉

    『衣食住』という言葉があります。
    誰もが一度は聞いたことのある、生活をしていくうえでの基礎的な事を表した言葉です。
    衣類は一番最初にあげられています。
    『衣食足りて礼節を知る』という言葉もあります。
    衣類や食事などの生活に余裕ができて、初めて礼儀や節度をわきまえられるようになるという意味です。

    衣類に手間をかけられるということは、心に余裕があるという事です。
    自分がまとう衣類を大切に扱う事ができるという余裕です。
    ファッションケア クレアンをご利用されるお客様は、そういった方が多いかと思います。
    IMG_1912

    ファッションケア クレアンはお引取り・納品にお伺いします。

    現在は洗濯機や洗剤が進化したこともあり、多くの衣類がご家庭で洗えるようになりました。
    しかし、衣類の中にはご家庭の洗濯機では洗えない物や、手間がかかる物、洗うと縮んだりしてしまうものもあります。
    そういった衣類はクリーニングに出して、是非プロに洗ってもらいましょう。

    しかし、そうは言っても平日はクリーニング店に行く時間がない・・・という方もいらっしゃるかと思います。
    ご安心ください。
    ファッションケア クレアンは全国宅配クリーニング店です。
    お客様のご希望の日時にご自宅までお品物をお引取り・納品致します。
    (佐川急便での集荷となります)
    IMG_8044
    季節は冬から春へ。
    季節が変われば、身にまとうものも変わります。
    前の季節にまとっていたものは、感謝の意味も込めてクリーニングで綺麗にしてあげましょう。

    お客様からのご依頼をスタッフ一同お待ちしております。

    エグゼクティブのための高級クリーニング

    ファッションケアクレアンでは、お申込みから配送までご連絡はメールで完了可能です。
    24時間ご注文可能なエグゼクティブのための高級宅配クリーニングのご依頼は、下記のボタンよりお申込み下さい。